あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

ピーターパンな韓国

2018-01-11 01:03:40 | 特定亜細亜
 奇しくも、昨日のエントリで紹介した百田氏の著書で、確か同じ事が書かれていると思うのだけど。(大将の著書自体は、実は未読)。

 今こそ、韓国に謝ろう

 

 日本が本当に韓国に謝罪しなければならない事ってのは、こーゆー事だと思うの。

【産経】「男が言い寄るのは性犯罪ではない」セクハラ告発運動の行き過ぎに警鐘 女優カトリーヌ・ドヌーブらフランス人女性100人が連名寄稿
http://www.sankei.com/world/news/180110/wor1801100014-n1.html

セクハラ告発の行き過ぎは「女性を保護が必要な子供におとしめること」と評した。

 まさにその通り。
 日本の真の罪は、韓国を子供扱いし、さらに過保護に過ぎた事である。
 そこから、韓国はいわゆる「ピーターパン症候群」に陥ったのだ。
 いつまでたっても大人になれないという「パーソナリティ障害」の事である。ちなみに、正式な病気ではない。

 ここで、1つピーターパン症候群の「症例」を紹介してみよう。
 わりと、驚く人も多いと思う。

甘やかしはNG!? 大人になれない「ピーターパン症候群」な夫への接し方
https://papimami.jp/49113/

【女性からのご相談】(前略)結婚前の夫は地域経済を活性化させたいという理想に燃え、無邪気で情熱的で魅力的な男性に見えました。ところが、結婚生活を始めてみると、何でも私にやってもらうのが当たり前と思っているところがあることに気づきました。また、家庭より仲間を大事にし、現実を無視した夢物語のようなことを言います。大人の男性としては言動が軽く、不安定です。その結果として失敗も多く、反省する様子すらありません。いろいろと調べて、夫は『ピーターパン症候群』というパーソナリティ障害だと確信しました。愛すべきところはある人ですが、どう向き合っていったらいいのでしょうか。

 どうよ。読んでみればすっごくよくわかると思うけど。思い当たるフシの多さに驚愕を禁じ得ないのではないか。

『ピーターパン症候群とは、アメリカの心理学者ダン・カイリー博士が提唱した男性特有のパーソナリティ障害です。“男性であれば誰もが多かれ少なかれ持っている問題”であるため、医学上の正式な病名ではありません。ピーターパン症候群の男性は、両親や祖父母に甘やかされて育ち、成人してからも恋人や妻に世話を焼いてもらうのを“当然のこと”として考えます。一見すると、少年のような無邪気さと情熱を持っているように見えますが、本音では、「大人になりたくない」と考えています。カイリーは、この特徴から“ピーターパン症候群”と名付けたのです』(50代女性/都内メンタルクリニック院長・精神科医)

 これが、この記事における、ピーターパン症候群の定義だ。
 で、この記事では、ピーターパンに対する殉教者、ウェンディにならないように、注意しろと、対等なパートナーである、ティンカーベルになれとある。
 まあ、これまでの日本ってのは、言うまでもなくウェンディなんだけど…。

男性の面倒を見るのが上手な“ウェンディ”タイプの女性には、知らず知らずのうちに“ピーターパン”タイプの男性と一緒になってしまう傾向があります。けれど、今からでも間に合います。旦那様のことをこれ以上は甘やかさずに、旦那様が自営業・自由業的な分野で立派な業績を残せるようにパートナーとして応援していただきたいと思うのです。

 あくまで「応援してあげてください」なんだよね。
 それで、この記事は、最後にこのようにまとめられている。

このような趣旨のことはカイリー博士自身も、世の女性に向けて勧めています。やるだけやっても旦那様が一向に大人になれず、見込みがないということであれば、そのときは仕方がないではありませんか。

 仕方がないとは。
 まあ、別れるしかないって事なんだろうけどさ。

 ピーターパン症候群な人に対し、どのように接したらいいのか。医者や専門家の見解は、恐らく一般的に、こんな感じなのよ。

 で、これを読んで、韓国に未だ、おもねろうとするパヨクな人々はどう思う?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加