消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

高校生が高齢者と合同で地震避難訓練。車いすやリヤカーで。自己有用感を持ってイジメ防止効果も

2015年05月30日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
高校生が高齢者と合同で地震避難訓練。車いすやリヤカーで。自己有用感を持ってイジメ防止効果も

相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280






災害に地域ぐるみで備えようと吉野町の高校生が28日、地域の高齢者と合同で避難訓練を行いました。
訓練は、吉野町で震度7の大地震が発生したという想定で行われ、の生徒と地域の高齢者のあわせておよそ30人が参加しました。
最初に、高齢者たちが1次避難所に指定されている高校近くの広場に集まり、そこへかけつけた高校生たちがけがをしているという想定の高齢者たちを車いすやリヤカーで高校のグラウンドに慎重に運び、避難させました。
このあと、地元の消防署員を招いて消火器の使い方を学ぶ訓練が行われ、素早く火を消すために火元を狙うことなどを学んでいました。
訓練に参加した70代の女性は、「高校生たちが助けてくれるのは心強いです。いい経験になりました」と話していました。
また男子生徒は、「災害時には、この経験をいかし、助け合いの精神で対応したい」と話していました。
吉野高校では実際に学校で授業が行われている時間に大きな災害が発生した場合には、訓練のように高校生たちが地域の高齢者の避難を支援することにしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「高校生が高齢者と合同で訓練。奈良
」  2015年5月29日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 南海トラフ地震想定の救助訓... | トップ | 覆面パトカーが乗用車と衝突 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事