消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

西日本豪雨被害の、倉敷市真備町の、小田川の支流(末政川、高馬川、真谷川)の堤防拡幅工事で、岡山県庁が住民立ち退き方針

2018年09月19日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
西日本豪雨被害の、倉敷市真備町の、小田川の支流(末政川、高馬川、真谷川)の堤防拡幅工事で、岡山県庁が住民立ち退き方針

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。 相川の意見
  1-1節。 
7月の西日本豪雨の時に、高梁川の上流の河本ダム(新見)を満水から、緊急放流したのが、倉敷市真備町の大水害と死者50人以上の大きな原因の一つと言われているから、
岡山県営の、河本ダムと、旭川ダムの水門操作放流規則を、大雨に備え、空にしておく容量を、早急に定めるべき。
この変更は、巨額の工事費予算は不要で、しかも、岡山県庁の意思決定によって、すぐに実施できる。

西日本豪雨の時に、愛媛県の肱川の上流の野村ダムは、すでに、そのようにダム水門操作放流規則を変更している。
このブログの次の記事を参照。

「野村ダム 治水重視の運用。大雨に備え、空にしておく容量を350万トンから500万トンに変更。愛媛県西予市」
2018年09月13日
  クリック 

「西日本豪雨「もう放流はしないでくれ」水没の街にみたダム行政の”限界”【西日本豪雨】」
報道プライムサンデー   2018年7月16日
  クリック 

「死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」」
ハーバービジネスオンライン  2018.07.25
  クリック 

「岡山のダム大量放流が間際で回避。 西日本豪雨で浸水拡大した恐れ」
2018年09月14日
  クリック 

============================================
  2節。ニュース。
岡山県は7月の豪雨で決壊した堤防の拡幅工事のため、倉敷市真備町の川沿いの住民に対して立ち退きを求める方針を固めたことが分かりました。
浸水被害を受けた地域では被災した自宅のリフォームを進めている住民もいることから立ち退きの対象となる範囲や今後の県の対応について説明を求める声があがっています。
岡山県は7月の豪雨で決壊した倉敷市真備町の小田川に流れ込む末政川、高馬川、それに真谷川の3つの川について5年後の完成を目指して堤防の整備を進めています。
計画では今後の水害に備えて堤防の強度を高めるために堤防の幅を広げることにしていてこの際、川沿いの一部の住民に対して立ち退きを求める方針を固めました。
堤防の工事はそれぞれの川が小田川と合流する地点から上流に1キロ程度の範囲で行われ、県によりますと立ち退きの対象となる住宅の数はまだ決まっていないということです。
県では今後、住民説明会を開いて工事の詳しい内容や立ち退きが必要な住民に対する補償などについて説明することにしています。
すでに立ち退きの対象となる可能性があると伝えられた住民の1人はNHKの取材に対して「突然、話を聞いて頭が真っ白になった。浸水した自宅のリフォームはいったんストップしている。今後のことが分からず不安だ」と話していました。
=========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「堤防拡幅工事で立ち退き方針」  2018年9月19日
  クリック 

===============================================

真備町堤防拡幅で立ち退き要請へ。岡山県、一部の住民に

佐賀新聞   2018年9月19日
  クリック 



西日本豪雨で決壊した岡山県倉敷市真備町地区の堤防の拡幅工事に伴い、県が堤防沿いの一部の住民に対して立ち退きを求める方針を固めたことが19日、県への取材で分かった。

 対象となるのは、小田川の支流で県管理の末政川や高馬川、真谷川の堤防沿いの住民。県は3河川に関し、小田川との合流地点から約1キロ上流にわたってかさ上げするなど堤防の強化策に取り組むが、具体的な拡幅範囲は定まっておらず、立ち退きの対象世帯は未定としている。

 被災家屋の修繕工事が既に進められており、県は立ち退きの可能性がある住民への周知を13日から始めた。工事の詳細が固まり次第、住民説明会を開く。
=================================================
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪府警の富田林警察署。容... | トップ | 西日本豪雨。ダムの放流操作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事