消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

大麻所持の罪。福岡大学工学部の助教(教員。当時)の初公判

2021年01月18日 | 官庁の不正。汚職
大麻所持の罪。福岡大学工学部の助教(教員。当時)の初公判

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280

  2節。 ニュース。

自宅で大麻を所持した罪に問われている福岡大学の元助教の初公判が開かれ、1日に3回、複数の大麻を使用するなど依存性の高さが指摘されました。
検察は「大学生を指導する立場でありながら、栽培・使用を繰り返した動機などに酌量の余地はない」として、懲役2年を求刑しました。

福岡大学工学部の元助教、佐野彰被告(42)は、去年11月、福岡市早良区の自宅で大麻およそ100グラムを所持したとして、大麻取締法違反の罪に問われています。
18日の初公判で、佐野被告は起訴された内容を認めた上で「厳しい研究の世界で人当たりが強くなる部分があったが、大麻を吸うことで、人にやわらかくなれた」と述べました。
裁判では、知人から勧められて大麻を使い始めたのち、学会で訪れたオランダから大麻の種を持ち帰って栽培するようになった経緯や、1日に3回、効用によって複数の大麻を使い分けていたことなど、大麻に依存した日常が明らかにされました。
検察は「大学生を指導する立場でありながら、栽培・使用を繰り返した動機などに酌量の余地はない。大麻との結びつきや依存性も高く、厳しい態度で臨むべきだ」として、懲役2年を求刑しました。
判決は、1月25日に言い渡されます。
======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「大麻所持の罪福大元助教の初公判」  2021年1月18日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« コロナ。 宮崎県内。新たに... | トップ | コロナ。感染者の自宅療養。... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事