消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

“教員の忙しさ深刻” うつ病などで休職5000人超 4年ぶり増。休職期間は33%が6か月未満。2年以上13%。退職1023人

2018年12月29日 | 労働者の権利
“教員の忙しさ深刻” うつ病などで休職5000人超 4年ぶり増。休職期間は33%が6か月未満。2年以上13%。退職1023人

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

うつ病などの精神的な病気で休職した教員は昨年度5000人を超え、4年ぶりに増加したことが文部科学省の調査で分かりました。専門家は「学校に求められる仕事が増え続けていて、業務改善を早急に進める必要がある」と指摘しています。

うつ病などの精神的な病気で休職した公立学校の教員は、文部科学省が全国の教育委員会を通じて調べたところ、昨年度は5077人で、前の年度より186人多く、4年ぶりに増加に転じました。

内訳を見ますと、小学校で2333人、中学校で1384人、高校で742人、特別支援学校で612人などとなっています。

都道府県別では、東京都が最も多く602人、大阪府が430人、愛知県が331人などとなっています。

休職した期間は、全体の33%が6か月未満でしたが、2年以上の教員も13%に上るなど、休職が長期に及んでいるケースもありました。

さらに、これらの病気を理由に退職した教員も1023人いました。文部科学省は、病気の背景には教員の長時間勤務があるとみています。

教員のうつ病などに詳しい三楽病院精神神経科の真金薫子部長は「学校に求められる仕事が増え続けていて、現場の先生は慢性疲労の状態にある。復職しても、職場が多忙のままで、再び休職する人もいて事態は深刻だ。業務改善を早急に進める必要がある」と指摘しています。
======================================================

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「“教員の忙しさ深刻” うつ病などで休職5000人超」  2018年12月29日
  クリック 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 受刑者自殺で弁護士会が警告... | トップ | 新年を前に被災地で鏡餅づく... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働者の権利」カテゴリの最新記事