消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

パワハラ裁判で賠償命じる判決。山梨県と甲府市に

2018年11月15日 | 労働者の権利
パワハラ裁判で賠償命じる判決。山梨県と甲府市に

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

6年前、勤務先の小学校の校長によるパワハラが原因でうつ病になったなどとして、男性教諭が甲府市と県に対し損害賠償を求めた裁判で、甲府地方裁判所は市と県にあわせておよそ295万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。

この裁判は、甲府市内の小学校に勤める58歳の男性教諭が、市内の別の小学校で勤務していた6年前、当時の校長から日常的に暴言を浴びたことが原因でうつ病になり、市と県が適切な措置を取らなかったなどとして、市と県を相手取り、あわせておよそ517万円の損害賠償を求めていたものです。
13日の判決で甲府地方裁判所の峯俊之裁判長は「原告は校長のパワハラによって精神的苦痛を受け、うつ病を発症した」と指摘した上で、「校長は正当な理由がないのに、うつ病の認定に必要な書類を作成しなかった」などとして、市と県にあわせておよそ295万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。
判決について甲府市教育委員会と県教育委員会はともに「判決文の内容をよく精査し、今後の対応を検討する」とコメントしています。
============================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「パワハラ裁判で賠償命じる判決」  2018年11月14日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野党6党派は、外国人材法案... | トップ | 自治会から会計責任者が50... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働者の権利」カテゴリの最新記事