消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

岡山後楽園の観光宣伝の不足点。駅前バス乗り場の案内表示。ホームページの読めない文字。藤の枝切り過ぎ

2016年05月02日 | 園芸
岡山後楽園の観光宣伝の不足点。駅前バス乗り場の案内表示。ホームページの読めない文字。藤の枝切り過ぎ

相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。岡山駅東口バス乗り場の案内表示。
岡山駅の中央改札口(2階?3階?)から、降りて、駅の建物から地上に出て、東口バス乗り場の、最も近いバス乗り場に
「後楽園方面行き」乗り場を移して、
乗り場の屋根に
「後楽園方面行き」バス乗り場」
と大きく書いた、案内看板(高さ40センチ、水平長さ1メートルくらい)を、乗り場の屋根に取り付ける。
看板は「後楽園」の文字を大きくして、例えば、黄色の背景色に黒色文字にする。

金沢駅前のバス乗り場の「兼六園行バス乗り場」の表示が、そのようになっていて、目立って、わかりやすかった。
そのアイデアの拝借です。(ただし、金沢駅の高架化とともに、そのバスセンターは、無くなった)

  2節。「後楽園」ホームページの読めない文字。
このホームページを開いてみると、文字の色が、薄すぎて、読めない。少し読むと、目がちかちかする。
なぜ、こんな、薄い色の文字にするのか。
ホームページ制作業者が、観光宣伝が全然わからないらしい。
さっさと、文字の色を、濃くすべきです。苦情が、後楽園に来ないのか?
苦情が、後楽園に来ないのなら、「後楽園」ホームページは、来園者や岡山市民に、あまり閲覧されていなのかもしれない。

文字の色を、特別に指定する捜査をしなければ、もっと、濃い黒色になる。わざわざ、余分に、色指定する作業をして、読めない色の文字に変えている。
「花情報」ページの「ソメイヨシノ」などの花の名前の文字の濃さの黒色に、したら、どうか。

  3節。藤(フジ)の枝切り過ぎ(強選定)。
後楽園に藤棚があって、20年以上前に、新聞の全国社会ページの下橋野、ちょっとしたニュースを描く15行くらいのニュースコラム欄に
「女子修学旅行生の団体が、藤棚に、ちょうど、藤の花が、たくさん、咲いていて、大喜びだった」
というニュースを見かけた。
最近、他所で藤の花が咲いている時期に、藤棚に、藤の花が咲いていないので、尋ねたら、「強選定したので、今年は、花が咲かない」という話だった。
園芸業者の頼んで、剪定しているらしい。「強選定」は、費用を節約するために、「3年に1回」や「5年に1回」剪定すれば、間に合うように、枝を、極端に短くする、剪定のやり方。
しかし、藤の場合は、園芸業者に頼まなくても、後楽園職員が、園芸書などを読んで、毎年、藤の花が咲くようなやり方に剪定すれば、間に合うような気がする

ホームページの「花情報」ページを見たら、「フジ」が、書いていないので、びっくり。とっくの昔に、除籍されたのか?

後楽園の中央に、サツキなどを球形に、きれいに、刈り込んで、あるが、あれは、特別な園芸の知識や技術や経験がないと無理だろうから、専門の園芸業者に頼んだらよいと思う。
しかし、藤の枝の選定は、後楽園職員でも、間に合うような気がする。

ツバキの花の時期も、花が咲いているが、ずいぶん、枝を切ってあるので、ツバキは、こんなに枝を剪定するひつようがあるのかな?ともった。格別、剪定しなくてもよいかもしれないような気がした、そうすれば、もっと、たくさん花が咲くかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 視覚障害者用の緊急用の白杖... | トップ | 井戸の位置示す防災マップ作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

園芸」カテゴリの最新記事