消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

台風8号。高知県。 6日未明に最接近

2019年08月06日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
台風8号。高知県。 6日未明に最接近

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280

  ニュース。
強い台風8号は、6日未明にかけて高知県に最も近づく見込みで、県内ではこれから急激に風や雨が強まるおそれがあります。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意するよう呼びかけています。
    
気象庁によりますと、強い台風8号は
午後8時には足摺岬の南170キロの海上を1時間に25キロの速さで西北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、
中心付近の最大風速は 35メートル、
最大瞬間風速は    50メートル   となっています。

台風が高知県に最も接近するのは、これから
6日未明になる   見通しです。

台風の接近に伴って県内は天気が急変し、雨が強まる見込みで、
西部では  1時間に 60ミリ、
中部では       50ミリ  の非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、
東部でも  1時間に 40ミリ  の激しい雨が降るおそれがあります。

さらに台風が通過したあとも台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、

6日も雨は降り続く見込みで、
これから6日夕方までの  24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで
中部と西部で   250ミリ、
東部で      200ミリ   となっています。

風も強まり、6日にかけての最大風速は、
陸上で   13メートルから 18メートル、
海上で   18メートルから  23メートルで、

最大瞬間風速は  25メートルから 35メートル   と予想されています。

海上では、うねりを伴って  6メートルから7メートル  の大しけとなる見込みです。

台風の接近が潮位の高い時期と重なっているため、
中部と東部は  高潮に注意  が必要です。
    

気象台は、高波に警戒するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風などに十分注意するよう呼びかけています。
=======================================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「台風8号。 6日未明に最接近」  2019年8月5日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 「内定辞退予測」販売に同意得ず | トップ | 台風8号九州北上 局地的に猛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事