消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

セクハラ行為で副署長を処分。北海道警察

2013年02月28日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
セクハラ行為で副署長を処分。北海道警察

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月28日

=======================================
セクハラ行為 副署長を処分

NHK北海道  2013年2月28日
 クリック 

十勝の池田警察署の副署長が、職員などにセクハラ行為をしたとして28日更迭され、減給の懲戒処分を受けました。
処分を受けたのは、池田警察署の副署長だった60歳の警部です。警察によりますと、副署長はおととし7月から去年11月にかけて、男性職員を叱る際に女性をさげすむような暴言を吐いたり、女性職員がいる場所で着替えをするなどして、不快な思いをさせるなどのセクハラ行為をしたということです。
また、去年5月ごろ、必要もないのに警察署を訪れた女性の運転免許証に記載された個人情報を照会していたということで、28日、減給6か月の懲戒処分を受けるとともに、道警釧路方面本部の警務課付に異動しました。
副署長は、警察署でセクハラ対策の責任者をしていたということで「配慮が足りなかった」と説明しているということです。
道警では、署長や副署長などの幹部職員がセクハラ行為で処分されるケースが相次いでいて、北海道警察本部の池田康則監察官室長は「再発防止に向け、幹部職員の意識改革を徹底してまいります」というコメントを出しました。
==========================================
道警副署長が部下にセクハラ発言、懲戒処分へ

(2013年2月28日 読売新聞)
 クリック 

 北海道警池田署の当時の副署長(警部)が部下にセクハラ発言をしたとして、減給の懲戒処分を受けることが28日、道警への取材で分かった。
 既に副署長は同日午前に更迭されており、同日午後にも処分して発表する。道警は昨年から、幹部職員のパワハラやセクハラ行為での懲戒処分が相次いでいる。

 道警幹部によると、副署長の発言が部下に伝わり、部下が「不快に感じた」と、別の幹部らに相談したことで発覚した。道警は副署長の発言がセクハラに当たると判断し、処分することを決めた。処分は28日付。

 道警では、斜里署長と旭川東署副署長がそれぞれセクハラ行為をしたとして、昨年、停職処分となった。今月に入ってからも、釧路方面本部の運転免許課長が部下へのパワハラ発言があったとして戒告となった。
===============================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

コメント   この記事についてブログを書く
« 東日本大震災。答え出ない「... | トップ | 女性部下にセクハラ警部補が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事