消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

7月の西日本豪雨の被害を受け 足守の地域防災を話し合う。岡山市北区足守(あしもり)地区

2018年09月25日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
7月の西日本豪雨の被害を受け 足守の地域防災を話し合う。岡山市北区足守(あしもり)地区

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

 西日本豪雨で土砂崩れなどの被害が出た岡山市北区足守の住民らが、これからの地域の防災に何が必要か話し合いました。

 住民と一緒に地域の防災づくりを考えようと岡山市北区の足守公民館が開きました。

 24日は、住民ら約50人が参加し、豪雨被害を振り返りました。

 足守地域は豪雨で住宅5棟が床下浸水したほか、土砂災害で崩れた道路は現在も通行止めになっています。

 参加者は、ふせん(付箋)に当時困ったことを書き込んだほか、
要援護者への対応や自主防災組織についてなど疑問に思っていること
を話題にあげて話し合いました。

 足守在住で岡山防災ボランティアネットワークの森田靖さんは地域住民が協力して相談しておくことの重要性を強調したほか、普段から災害に備えるべきだとアドバイスしました。

(参加者は-)
「私たちの日ごろのいかに被害に対する認識の甘さというものを感じました」
「他人事ではなくて、みんなが危機意識を持つというようなことを地域で取り組んでいけたらなと思いました。」
================================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

西日本放送KSB  「豪雨の被害を受け 足守の地域防災を話し合う」  2018年9月24日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「内水氾濫」防ぐ施設の見学... | トップ | 遭難救助ロープ技術を人命救... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事