消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

津波対策で迂回路の整備計画。徳島県南部

2013年02月27日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
津波対策で迂回路の整備計画。徳島県南部

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月27日

南海トラフ付近で起きる巨大地震による津波によって徳島県南部の沿岸を走る国道は通行できなくなるおそれがあることから、徳島県では山間部を通る迂回路の整備計画を進めています。
徳島市から海陽町を通り高知市までつながっている国道55号線は海沿いを走る区間もあるため、巨大地震による津波などで被害を受けて通行できなくなることが懸念されています。
特に徳島県南部では重要な幹線道路となっていることから徳島県では山間部への迂回路として、海陽町と牟岐町の2か所で県道を整備する計画を進めています。
一つは海陽町の県道「芥附海部線」で現在は山で遮られて途切れている約1kmの区間と周辺の道路を整備します。
これによって、国道55号線を通らなくても阿佐海岸鉄道の海部駅周辺から宍喰駅周辺まで通行できるようになるということです。
また、もう一つは牟岐町と海陽町を結ぶ県道「牟岐海南線」で、約8kmの区間の道幅を広くして通行しやすく整備する計画です。
徳島県では用地の確保など準備を進めていて、早ければ今秋頃から工事に着手したいとしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK徳島 『津波対策で迂回路の整備計画』 2013年2月27日
 クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 宇都宮地検:事務手続きミス。... | トップ | 津波避難路の整備進む 和歌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事