消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

東日本大震災。仮設入居中1494人死亡 プレハブ住宅被災3県調査 実数さらに多く

2019年06月17日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
東日本大震災。仮設入居中1494人死亡 プレハブ住宅被災3県調査 実数さらに多く

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280


 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県で2018年度末までに、
少なくとも計1494人がプレハブ仮設住宅入居中に死亡したことが河北新報社のアンケートで分かった。
被害が甚大な自治体を中心に4割で全体数が分からず、実数はさらに膨らむ見通し。
住宅再建を果たせないまま多くの被災者が亡くなった実態が明らかになった。(大船渡支局・坂井直人)
=========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

河北新報  「仮設入居中1494人死亡 プレハブ住宅被災3県調査 実数さらに多く」  2019年6月17日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 拳銃強奪事件で交番警戒を指... | トップ | 「妊娠したら国民年金保険料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事