消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

東京高検の検察事務官が、スカート内を盗撮しようとして書類送検。停職2カ月の懲戒処分。辞職

2015年08月15日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
東京高検の検察事務官が、スカート内を盗撮しようとして書類送検。停職2カ月の懲戒処分。辞職

相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280

====================
検察事務官が盗撮→気付いた男が脅迫 横浜地検がともに不起訴

産経新聞  2015.8.14 20:58更新
  クリック 

 神奈川県内の駅構内で6月、女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、40代の男性検察事務官が県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで書類送検される事件があり、横浜地検は14日、事務官を起訴猶予処分とした。東京高検は停職2カ月の懲戒処分とし、事務官は依願退職した。

 捜査関係者によると、事務官は事件翌日、上司に報告した際、盗撮行為に気付いた男(29)から脅され10万円を渡したと伝えた。地検から連絡を受けた神奈川県警は7月、恐喝容疑で男を逮捕したが、地検は14日、不起訴処分とした。

 地検によると、事務官は6月30日深夜、飲酒して帰宅途中、エスカレーターで女性に後ろから近づいてカメラ付き携帯電話で盗撮しようとしたとして7月22日に書類送検された。容疑を認めていた。

 地検は「検察庁職員がこのような行為に及んだことは誠に遺憾。再発防止と綱紀粛正に努める」としている。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 強い地震があったときは、す... | トップ | 交番休憩室でボヤ(火事)、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事