消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

真備復興懇談会で治水に質問集中。住民「(各河川を管理する)国、岡山県、市の情報がそれぞれ出されるので断片的にしか分からない」「堤防復旧後はどれくらいの雨に耐えられるか」 倉敷市長「連携し情報発信」強調

2019年01月14日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
真備復興懇談会で治水に質問集中。住民「(各河川を管理する)国、岡山県、市の情報がそれぞれ出されるので断片的にしか分からない」「堤防復旧後はどれくらいの雨に耐えられるか」 倉敷市長「連携し情報発信」強調

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280





復興ビジョンの説明や質疑応答があった懇談会


 倉敷市は14日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた真備町地区の復興計画策定に向け、
住民の意見を聞く復興懇談会を薗小(同町市場)で開いた。
治水対策に質問が集中し、
伊東香織市長は河川改修の進捗(しんちょく)状況などを国や県と連携して発信する方針を改めて強調した。

 懇談会は2回に分けて行い、計約240人が出席した。
伊東市長らが計画の大枠となる復興ビジョン(昨年12月公表)を説明した後、質疑応答があった。

 住民からは
「(各河川を管理する)国、岡山県、市の情報がそれぞれ出されるので断片的にしか分からない」
「堤防復旧後はどれくらいの雨に耐えられるか」
などの意見や質問が出た。
伊東市長は「(治水対策を集中的に行う)今後5年間で徐々に安全性は高まっていく。
国や県と連携し、工事の進捗状況を分かりやすい形で示していきたい」などと答えた。

 このほか、
新旧住宅の二重ローンに苦しむ若い世代への援助や
堤防決壊の原因究明
を求める声が上がった。
男性(77)=同町地区=は「まちづくりの方向性はよく分かったが、まずは治水対策を最優先に進めてほしい」と話した。

 懇談会は昨年11月に続き2回目。
市は住民の意見を踏まえて今月下旬に計画の素案を示し、3月末までに2019年度から5年間の計画を策定する。
=================================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

山陽新聞  「真備復興懇談会で治水に質問集中 倉敷市長「連携し情報発信」強調」  2019年1月14日
  クリック 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 聴覚障害者との意思疎通学ぶ... | トップ | 「必要な箇所の復旧を」 真... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事