消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

布川事件再審裁判。検察のDNA鑑定請求を却下。無罪判決の公算大

2010年07月30日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
布川事件再審裁判。検察のDNA鑑定請求を却下。無罪判決の公算大

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2010年7月30日

  1節。要約。
 43年前に、茨城県利根町布川(ふかわ)で、大工の男性が殺害され、現金を奪われた「布川事件」の裁判をやり直す再審の
第2回公判(裁判)が7月30日、水戸地裁土浦支部で開かれた。
強盗殺人罪で無期懲役が確定し、仮釈放された2人の元被告の有罪を主張する検察側が、遺留品4点のDNA型鑑定の実施を求めていたが、
神田大助裁判長は却下した。

 検察側は、他に有罪の根拠を示す新証拠を提出していない。
このため、
公判(裁判)は早期に結審し、
桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)の元被告2人に早期に無罪判決が言い渡される公算が大きくなった。

  2節。過去の裁判の経過。
 布川事件は、1967年8月に玉村象天(たまむら・しょうてん)さん(当時62)が自宅で絞殺され、現金10万7千円が奪われた事件。
近くに住む桜井さんと杉山さんが別件で逮捕され、
犯行を「自白」したとされる。
2人は裁判で無罪を主張したが、
1978年に最高裁で無期懲役が確定。服役した。
1996年に、仮釈放された後、
2005年に、水戸地裁土浦支部が再審開始を決定。
2008年、検察側は抗告したがに東京高裁が棄却した。
2009年12月に検察側は、最高裁に特別抗告したが、最高裁も棄却して、再審開始が決まった。

  3節。元の有罪判決の根拠。
 2人の犯行を裏付ける物証はなく、確定判決の根拠は目撃証言と捜査段階の「自白」だった。

  4節。再審請求裁判の『再審開始』の根拠。
第2次再審請求で、現場で別人を見たという近所の女性の供述調書
▽編集跡が残る、『自白』取調べ録音テープ--
などが決め手となり
「自白は信用できない」と再審開始が決まった。

これらの証拠は、再審請求裁判で、初めて開示された。

弁護団は「検察側の証拠隠しが冤罪を生んだ」と批判する。
警察と検察は、『有罪』主張に不利な証拠・証言を、刑事裁判で、隠すことが多い。この「隠す」ことが、過去の冤罪やり直し裁判で、冤罪の原因といわれてきた。

  5節。再審裁判の争点。 検察側DNA鑑定請求。
 有罪の支えを失った形の検察側は、『被害者の遺体周辺にあったパンツ2枚・タオル・ワイシャツの計4点のDNA鑑定』を請求した。

弁護団は、取り調べの際に2人の唾液(だえき)などが付着し誤混入した可能性があるとして、反対する。

7月30日の再審裁判審理で裁判長が、この検察側DNA鑑定請求を却下した。
却下したことによって、再審裁判の判決は、無罪判決の公算が大きくなった。


 検察・弁護団と地裁支部の3者協議で、実質的な審理は被告人質問と近所女性の証人尋問に絞られており、9月の第3回公判以降の見込み。
水戸地検も「いたずらに遅延させるつもりはない」と迅速な審理に協力する意向だ。

  6節。相川の意見。
最近、鹿児島県警冤罪犯罪事件、富山県警冤罪犯罪事件などが次々、起きて、
冤罪防止対策として、『取り調べの可視化』が叫ばれてきたが、
警察と検察は、強く反対してきた。

ところが、足利事件で、菅谷さんを取り調べた警官と検事は、取り調べのやり取りをテープに録音していた。
しかも、その録音テープは、元の有罪判決裁判には、全然録音テープは、取り上げられなかった。再審裁判で、ようやく取り上げられた。
この、布川事件の、元の有罪判決裁判には、全然録音テープは、取り上げられなかった。再審裁判で、ようやく取り上げられた。

足利事件でも、布川事件でも、被告を有罪にするのに、邪魔に成る証拠や証言は、刑事裁判に警察も検察も、提出しなかった。

これからは、検察は、被告を有罪にするのに、役立つ証拠・証人も、邪魔に成る証拠も証言も、裁判に提出すべきです。

被告を有罪にするのに、邪魔に成る証拠や証言を、裁判に提出しなかった検事や警官を、『証拠隠滅罪』や『裁判を受ける権利を行使するのを妨害する犯罪』として、処罰する裁判にかけるべきです。

そうしないと、いつまでも、冤罪は、なくならない。


  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください。


茨城新聞 『布川事件再審 DNA鑑定請求を却下 早期の無罪判決へ』 2010年7月30日
 クリック 
読売新聞 『布川事件、無罪判決見通し…検察の鑑定請求却下』 2010年7月30日
 クリック 
朝日新聞 『茨城・布川事件再審 元被告2人、無罪判決の公算大』 2010年7月30日
 クリック 
毎日新聞 『◇布川事件』 2010年7月10日 東京朝刊
 クリック 
毎日新聞 『布川事件:あす再審初公判 「早く区切りつけたい」 DNA鑑定可否が焦点』 2010年7月8日
 クリック 
毎日新聞 『布川事件:再審初公判 無罪主張 「DNA」採否、持ち越し 全面対決の構図』 2010年7月10日 西部朝刊
 クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 九州新幹線長崎ルート着工判... | トップ | 熱中症で死亡。7月17~2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

無実市民の有罪判決を防ぐ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事