消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

児童虐待の相談件数が過去最高に。756件。徳島県内。

2019年06月17日 | 子供・おとな安全
児童虐待の相談件数が過去最高に。756件。徳島県内。

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280

  2せつ。ニュース。
昨年度(H30年度)県に寄せられた児童虐待の相談件数は756件にのぼり、過去最高となったことが県のまとめでわかりました。

県によりますと、徳島市の「徳島県中央こども女性相談センター」など、児童相談所の機能を持つ県の3か所の施設に寄せられた昨年度の児童虐待の相談件数は前の年度を122件上回り、756件となりました。

これは同じ方式で統計をとり始めた平成26年度以降もっとも多く、データが確認できる平成2年度以降でも最多の件数となりました。

相談件数の内訳を詳しくみてみますと、
    
虐待の種別では、
心理的虐待が  354件  もっとも多く、
身体的虐待が  236件
ネグレクトが  162件  などとなっています。

また
被害を受けた児童は、年齢別で、
小学生が          228人   ともっとも多く、次いで
3歳から小学校入学までが  177人、
3歳未満が         154人   でした。

一方、
虐待の加害者は、
実の母親が    356件、   次いで
実の父親が    322件   と、実の親からの虐待が目立っています。
    

相談件数が増加した要因として徳島県は、ことし1月、千葉県野田市で女子児童が虐待で死亡した事件など全国各地で事件が相次いだことから虐待に対する関心が高まったことが考えられるとしていて、県こども未来応援室は、
「虐待の防止に向けて児童福祉に関する専門職員を増やしたり、
他の機関などと連携を密に図ったりして
相談に対応したい」と話しています。
==============================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「児童虐待の相談件数が過去最高に」  2019年6月17日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 広島県熊野町川角地区で、裏... | トップ | 「防災重点ため池」が4倍超... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事