消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

電動アシスト自転車。モーターが止まらず、転倒事故

2010年07月31日 | 子供・おとな安全
電動アシスト自転車。モーターが止まらず、転倒事故

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2010年7月31日。

  1節。
  『電動アシスト自転車』とは、自転車に電動モーターがついていて、ペダルを踏むと、モーターが回るようになっているようです。上り坂が、ラク?
普通の自転車はスーパーで1万2千円くらいから。電動は、昔は、13万円?今は、7万円くらいから?
値段が高いから、盗まれないよう、鎖錠2個をつけて、1個は、駐輪場の鉄柵に絡ませる人も居る。

  2節。
 自転車大手「ブリヂストンサイクル」が製造販売した電動アシスト自転車で、
ペダルを踏むのをやめても、モーターが回り続け、乗っている人が転倒してけがをする事故が起きたとして、
消費者庁は7月30日、消費者に注意を呼びかけた。

 同庁によると、事故が起きた自転車は、「ブリヂストンサイクル」製造の「アシスタファイン」。
今月6日、埼玉県の70歳代女性が、ペダルを踏むのをやめても、モーターが回り続けるのに驚き、飛び降りた際、転倒し骨折した。

 同じ電動部品を使用するヤマハ発動機「PASスマイル」、宮田工業「グッドラック」も含め、同様の重傷事故がほかに7件起きており、
3社は2007年5月から、計22万台をリコール(無償の部品交換)しているが、
約9万3000台が未対応のままだという。

 問い合わせは、
0120・721・911(ブリヂストンサイクル)、
0120・090・819(ヤマハ発動機)、
0120・851・346(宮田工業)。

読売新聞 『電動アシスト自転車、モーター止まらず転倒事故』2010年7月30日
 クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 京王電鉄の回送電車が遮断機... | トップ | 航空自衛隊セクハラ(性暴力... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事