消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

道路工事会社の社員を過労死認定。新潟市に本社。半年間にひと月あたりの残業時間が平均で80時間を超

2019年08月06日 | 労働者の権利
道路工事会社の社員を過労死認定。新潟市に本社。半年間にひと月あたりの残業時間が平均で80時間を超

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280

  2節。 ニュース。
新潟市に本社がある道路工事会社の46歳の男性社員が、去年、勤務中に倒れて死亡し、労働基準監督署が長時間労働が原因だったとして労災認定していたことが分かりました。

労災が認められたのは、新潟市に本社がある道路工事会社「福田道路」の神奈川県内の営業所に勤めていた46歳の男性です。
男性は現場監督や業務管理を担っていましたが、去年5月に勤務中に倒れ、くも膜下出血で死亡しました。
遺族と代理人によりますと、会社の出勤簿では、毎日午前8時に出勤し午後5時に退勤したと記録されていましたが、
遺族の申請を受けて労働基準監督署が調べた結果、
男性が倒れる前の半年間にひと月あたりの残業時間が平均で80時間を超えていたことが分かりました。
このため監督署は長時間労働が原因で過労死したとして、先月労災認定しました。

男性の妻は、
「早出や残業が毎日のように続いていたのに、
規定の時間で勤務表を提出し、土日に出勤しても休んだことにしなければならなかったことは理解が出来ない。
せめて正確な勤務表を提出できる環境であってほしかった」と話しています。
一方、福田道路は「労災を防ぐことができなかったことを厳粛に受け止め、長時間労働や休日出勤の抑制への取り組みを強化し再発防止に努める」とコメントしています。
=====================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「道路工事会社の社員を過労死認定」  2019年8月6日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« ホテル設置許可取り消し求め... | トップ | 新潟県警が 自民党の石崎徹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働者の権利」カテゴリの最新記事