消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

国税調査官が 情報漏えい疑い 。書類送検。減給の懲戒処分。広島国税局

2015年08月08日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
国税調査官が 情報漏えい疑い 。書類送検。減給の懲戒処分。広島国税局

相川哲弥ブログ http://blog.goo.ne.jp/jp280


広島国税局の58歳の国税調査官が、所得税の調査で知った個人事業者の収入などを別の事業者に漏らした疑いで書類送検され、国税局はこの調査官に減給の懲戒処分を行いました。
書類送検されたのは広島国税局に勤務する58歳の男性の国税調査官です。
国税局によりますと、この調査官はことし5月、前任地の岡山県内の税務署に勤務していた際、所得税の調査で知った個人事業者の収入などの情報を、取引先の別の事業者に漏らした疑いがあるということです。
調査内容が漏れているという事業者からの申し立てを受けて国税庁が調べたところ、調査官から情報が漏えいしていることが分かったということです。
このため国税庁は7日、この調査官を国税通則法の守秘義務違反の疑いで岡山地方検察庁に書類送検しました。
広島国税局はこの調査官が情報漏えいについて認めているかどうか明らかにしていませんが、公務員の信用を失墜させる行為があったとして、7日付けでこの職員に対し、減給10分の1、1か月の懲戒処分を行いました。
広島国税局国税広報広聴課の佐藤等室長は、「国民の信頼を損なうもので深くおわび申し上げます」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「国税調査官 情報漏えい疑い 。広島」  2015年8月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社民党の候補者の選挙カーを... | トップ | 親子で参加 心肺蘇生法講習... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事