消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

那智勝浦町〔和歌山県〕で一斉ボランティア。2月12日と26日にも実施予定。夜行臨時列車を!

2012年01月31日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
那智勝浦町〔和歌山県〕で一斉ボランティア。2月12日と26日にも実施予定。夜行臨時列車を!

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2012年1月30日

台風12号の影響で今も多くの流木などが残る那智勝浦町で、県内外から約80人のボランティアが集まり、流木の運び出しなどの一斉ボランティア活動を行っています。
この活動は、那智勝浦町を拠点に活動を続けるボランティア団体が中心となって、一斉に活動する日を決めたうえでインターネットなどを通じて全国各地に呼びかけたものです。
29日は、県内各地のほか、千葉県や兵庫県などから約80人が参加し、那智川の周辺に今も残る多くの流木を撤去しました。
ボランティアの人たちは、チェーンソーを使って大きな流木を切り、トラックに乗せて運び出したり、別のグループは、溝にたまった泥をかき出したりしていました。
災害からまもなく5か月となりますが、地域住民からボランティアを求める声が続いている一方で、現地で活動する人手は不足しているということです。
和歌山市からボランティアに参加した73歳の女性は「台風直後の9月にボランティアに参加しましたが、あまりかわっていないところもあるので驚きました。何度もボランティアに参加したいです」と話していました。
この一斉ボランティア活動は来月12日と26日にも行われる予定です。

  2節。相川の意見。
いっそ、JR西日本に頼んで、大阪駅から新宮駅までの夜行臨時列車を出してもらえば。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK和歌山 『那智勝浦町で一斉ボランティア』 2012年1月30日
 クリック 

コメント   この記事についてブログを書く
« 白浜温泉(和歌山県)で、観... | トップ | 教員が学ぶ 防災教育研修会。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事