消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

国保運営移行で県が納付金公表。香川県庁

2018年02月06日 | 市民意見を議会に反映
国保運営移行で県が納付金公表。香川県庁

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

来年度から国民健康保険の運営主体が市と町から県に移行するのを前に、県は6日、
市と町が県に納める納付金の算定結果を初めて公表しました。

自営業者などが加入する国民健康保険は、高齢者の医療費の増加などから赤字が続いていて、
財政基盤強化のため来年度から県が運営主体となります。

これを前に国民健康保険の新しい制度の運営方針を検討する協議会が6日、県庁で開かれ、県の担当者のほか商工団体や婦人団体の代表などが出席しました。
新しい制度では、国の指針などをもとに県が、市と町に求める納付金の額を決め、
市と町は、これを踏まえて加入者が納める保険料の額を決めます。

6日は、県が、新たな制度のもとで算定した市や町に求める納付金の額を初めて公表しました。
それによりますと納付金の県全体の平均は
年間1人当たり15万1855円で、現行の制度に比べて3300円余りの増加となっています。

今後、市と町は県が示した納付金の額などを参考に加入者が負担する保険料を決めることになっています。
一方、県は市や町で財源不足が生じた際などに18億円あまりの基金を活用して制度の円滑な運営を目指すとしています。
=========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「国保運営移行で県が納付金公表。香川県庁」  2018年2月6日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「阿波おどり観光協会が継続... | トップ | 大分県警の巡査部長が盗撮か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民意見を議会に反映」カテゴリの最新記事