消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

公立学校の、常勤講師の基本給の上限引き上げ。滋賀県

2018年02月02日 | 労働者の権利
公立学校の、常勤講師の基本給の上限引き上げ。滋賀県

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

県教育委員会は、正規の教員と常勤の講師の給与の格差を是正していこうと、新年度から常勤講師の毎月の給与の基本給の上限を5000円余り引き上げることを教職員組合との間で合意しました。
県教育委員会によりますと、県内の公立学校の常勤講師の基本給は勤続12年目で上限に達し、
小中学校で       26万7300円、
高校と特別支援学校で  26万9000円
  となっています。

これに対し、正規教員の基本給の上限は
小中学校で       40万5000円、
高校と特別支援学校で  41万5800円
  となっていて、

同じ業務を行っている常勤講師と大きな開きがあります。
このため、県教育委員会は、教職員組合との間で格差の是正を図ることに合意し、新年度から常勤講師の基本給の上限を引き上げたいとしています。
具体的には、勤続12年以上の常勤講師の上限の基本給を
▼小中学校で       5400円増やして  、27万2700円  に、
▼高校と特別支援学校で  5300円増やして   27万4300円
  とする方針で、

新年度の県の予算案に人件費の増額を盛り込むことにしています。
県教育委員会教職員課は「給与の引き上げはまだ十分とは言いがたいが、常勤講師には基本給の増額を励みにして働いてほしい」としています。
==========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「常勤講師の基本給の上限引き上げ。滋賀県」  2018年2月2日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 岡山県が2018年度収支不... | トップ | 踏切事故防止「シカ踏切」が... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働者の権利」カテゴリの最新記事