消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

京都府警の警部補を、容疑者に便宜を図って、減給の懲戒処分。部下に暴言

2020年10月29日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
京都府警の警部補を、容疑者に便宜を図って、減給の懲戒処分。部下に暴言

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280

  2節。 ニュース。

京都府警察本部の40代の男性警部補が、窃盗事件で勾留していた容疑者の車の売却手続きを手伝ったり、部下に暴言を吐くなどのパワハラを行ったりしたとして、減給6か月の懲戒処分を受けました。

懲戒処分を受けたのは、主に窃盗事件を担当する京都府警察本部捜査3課に所属する40代の男性警部補です。
警察によりますと、男性警部補は3年前、窃盗事件で留置場に勾留していた容疑者に頼まれ、車の売却手続きを代わりに進めるなどの便宜を図ったということです。
また去年5月には、別の容疑者のためにマンガ4冊を購入し、知人を介して留置場に差し入れをしていたということです。
男性警部補は「容疑者の希望をかなえてあげたいと思った。軽率だった」と話していて、容疑者からの見返りや捜査への影響などは確認されていないということです。
またこの警部補は3人の部下に対して、人格や能力を否定するような暴言を繰り返すなど、パワーハラスメントにあたる行為も行っていたということで、警察は29日付けで減給6か月の懲戒処分にしました。
京都府警察本部の姫野敦秀首席監察官は「警察職員として不適切な行為であり、厳正に処分しました。職員に対する指導を徹底し、信頼の回復に努めてまいります」とコメントしています。
======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「容疑者に便宜 警部補を懲戒処分」  2020年10月29日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重信川の堤防の漏水対策強化... | トップ | 女子高校生にみだらな行為か... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事