消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

世界最高齢の女性を、福岡県知事がお祝い。認知症の発症は、早い人は40歳ごろから。総務課や会計課の職種の人が、早く、なりやすい。

2019年09月16日 | 子供・おとな安全
世界最高齢の女性を、福岡県知事がお祝い。認知症の発症は、早い人は40歳ごろから。総務課や会計課の職種の人が、早く、なりやすい。

相川哲弥ブログ。 https://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。 相川の意見。
2節ニュースによると
「時間を見つけてはかけ算や割り算などの計算問題の解答にも励んでいる」
そうです。
この湯なことをすると、頭を使う作業をするんので、認知症になりにくいようです。
ある本に書いていた、医師の話によると、
認知症は、早い人では、40歳ごろから、認知症になるそうです。
職場や職種では、会社や官庁の、経理課や総務課の職員が、早い人では、40歳くらいからなる。
その理由は、経理課や総務課では、朝から晩まで書類をたくさん書いたり読んだり、忙しそうに見えるが、
同じ種類の書類を読み書きしているだけなので、
自分の頭で考えて判断することがないからだそうです。

  2節。 ニュース。
敬老の日の16日、世界最高齢の女性としてギネス世界記録に認定されている福岡市の116歳の女性を福岡県の小川知事が訪ね、長寿を祝いました。
福岡市の高齢者福祉施設で暮らす田中カ子さんは、明治36年生まれの116歳で、ことし3月、世界最高齢の女性としてギネス世界記録に認定されました。
16日は、敬老の日にあわせて、福岡県の小川知事が田中さんを訪ね、「カ子さんの姿は県民に希望と喜びを与えています。おめでとうございます」とお祝いの言葉を贈りました。
このあと、小川知事が花束と写真立てを贈って励まそうとすると、田中さんが「長生きして下さい」と逆に知事を励まし、周りの笑いを誘っていました。
施設の職員によりますと田中さんは1日3食のほかにチョコレートや炭酸飲料を毎日欠かさず口にして、時間を見つけてはかけ算や割り算などの計算問題の解答にも励んでいるということです。
田中さんは「これまで元気をもらって生きてきたので、100年以上生きてきた今、持っている力をみんなに与えたい」と力強く話していました。
=========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「世界最高齢の女性知事がお祝い」  2019年9月16日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 停電続く千葉県で 東電が初め... | トップ | 60年前の伊勢湾台風で犠牲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事