消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

過労死ラインの2倍 医師の残業、月200時間容認 日赤医療センター労使協定

2018年01月15日 | 労働者の権利
過労死ラインの2倍 医師の残業、月200時間容認 日赤医療センター労使協定

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

 日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(三六協定)を結んでいることが13日、分かった。医師20人は平成27年9月からの1年間で月200時間の上限を超えて残業。渋谷労働基準監督署は昨年3月、センターに協定を順守するよう是正勧告した。

 労災の過労死が認められる目安は月100時間の残業とされているが、現行では労使間合意があれば残業時間の上限に制限はない。日赤医療センターは日本初の赤十字病院で常勤医師約260人、約700床の大型総合病院。月200時間の上限を過重だったと認め協定を見直すとしている。
======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

産経新聞  「過労死ラインの2倍 医師の残業、月200時間容認 日赤医療センター労使協定」  2018年1月14日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大地震などの際、避難者が建... | トップ | 警察署長会議で、本部長が不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働者の権利」カテゴリの最新記事