消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

南あわじ市の庁舎の解体工事巡り住民提訴。落札価格が最低制限価格と同じ額。当時の市長に2500万円返還させる裁判

2018年03月14日 | 官庁の不正。汚職
南あわじ市の庁舎の解体工事巡り住民提訴。落札価格が最低制限価格と同じ額。当時の市長に2500万円返還させる裁判

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

おととし行われた南あわじ市の庁舎の解体工事で、入札に関する価格の情報が漏れ、市に損害が出たとして、兵庫県の住民グループが当時の市長に2500万円余りを返還させるよう求める裁判を起こしました。
訴えを起こしたのは、「市民オンブズマン兵庫」に所属する南あわじ市の住民など7人です。
訴えでは、平成28年11月に発注された南あわじ市の「旧南淡庁舎」の解体工事で、落札価格が最低制限価格と同じ額だったことから市から入札業者に情報が漏れた疑いが強いとしています。
そしてその結果、市に損害が出たとして南あわじ市長に対し、当時市長だった中田勝久前市長に2500万円余りを返還させるよう求めています。
住民側の弁護士は提訴後の会見で、「行政と業者が癒着していると疑われかねない事態で、市民の税金がむだに使われていたならば許されないことだ」と話していました。
======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「南あわじ庁舎工事巡り住民提訴」  2018年3月14日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 雇い止めの契約職員 “訴訟も”... | トップ | 120万円着服で副校長を懲... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事