消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

長野県警の非常勤職員が盗撮か。発表せず。商業施設などで女性に後ろから近づき、手に持ったスマホでスカートの中を動画で撮影

2019年04月05日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
長野県警の非常勤職員が盗撮か。発表せず。商業施設などで女性に後ろから近づき、手に持ったスマホでスカートの中を動画で撮影

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  2節。ニュース。
県警察本部の男性非常勤職員が、去年からことしにかけて女性のスカートの中を盗撮したとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されていました。
県警察本部は、書類送検したことなどを発表していませんでした。

書類送検されたのは、長野市の県警察本部に勤務する64歳の男性非常勤職員です。
県警察本部によりますと男性職員は、去年12月とことし1月の2回、いずれも東信地方の商業施設などで、それぞれ別の女性に後ろから近づき、手に持ったスマートフォンでスカートの中を動画で撮影した県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。
警察の調べで、盗撮した動画が見つかったほか、男性職員も容疑を認めたということです。
県警察本部は、男性職員を先月13日に長野地方検察庁に書類送検するとともに、報酬の10分の1を19日間減額する処分にしました。
男性職員は、警察官を定年退職したあと、非常勤職員として勤務していて、送検された日に依願退職したということです。
県警察本部は、盗撮が行われたのは、いずれも勤務時間内だったものの業務中ではなく、その場合、停職と免職だけを発表するとの警察庁の指針に準じたとして、処分や書類送検したことを発表していませんでした。
県警察本部監察課の駒村公孝課長は「誠に遺憾で、再発防止に努めたい」としています。
==========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県警非常勤職員盗撮か 発表せず」  2019年4月4日
  クリック 
コメント   この記事についてブログを書く
« 女子大学生宅に侵入し性的暴... | トップ | 青森県警の警察官(犯行当時... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事