消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

住民が防災マップ作り。ブロック塀倒壊、大雨浸水、要援護者。宮崎県都城市高崎町で

2013年02月10日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
住民が防災マップ作り。ブロック塀倒壊、大雨浸水、要援護者。宮崎県都城市高崎町で 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月10日 地域の住民が災害時に危険な場所などを実際に確認して、地図上に記入する防災マップ作りが都城市高崎町で行われました。 このマップ作りは、住民に日ごろから防災意識を高めてもらうとともに、支え合いの仕組みを築こうと高崎地区社会福 . . . 本文を読む
コメント

津波からの避難を考える。岡山県瀬戸内市牛窓町の西脇地区

2013年02月10日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
津波からの避難を考える。岡山県瀬戸内市牛窓町の西脇地区 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月10日 瀬戸内市牛窓町の西脇地区で巨大地震による津波に備えようと地域の人たちが避難ルートの確認など行う防災ワークショップが開かれました。 この防災ワークショップは、巨大地震で最大4メートルを超える津波が押し寄せると予想されている瀬戸内市が地域の人たちに . . . 本文を読む
コメント

水俣市(熊本県)で津波想定した避難訓練

2013年02月10日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
水俣市(熊本県)で津波想定した避難訓練 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月10日 地震の発生で2メートルの津波が到達することを想定した初めての避難訓練が水俣市で行われました。この避難訓練は、東日本大震災を教訓に水俣市が行ったもので、市の職員や地元の消防団、それに沿岸の住人らおよそ2500人が参加しました。 訓練は、八代海で震度6弱の地震が発 . . . 本文を読む
コメント

津波に備え住民が高台整備。静岡県掛川市浜野地区の海岸

2013年02月10日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
津波に備え住民が高台整備。静岡県掛川市浜野地区の海岸 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月10日 津波が襲ってきた時に逃げる場所を確保しようと掛川市の住民が地区の高台に階段を設置するなどの整備を始めています。 この高台は、掛川市浜野地区の海岸からおよそ400メートルはいった場所にあり高さは海抜22メートルあります。 去年、国が公表した南海トラ . . . 本文を読む
コメント

住宅の駐車場で軽乗用車のガラスをブロックで傷つけた警官を逮捕。静岡県警

2013年02月10日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
住宅の駐車場で軽乗用車のガラスをブロックで傷つけた警官を逮捕。静岡県警 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月10日 ====================================== 車の窓傷つけ沼津署の警官逮捕 NHK静岡  2013年2月10日  クリック  10日未明、浜松市南区の住宅の駐車場で軽乗用車のガラスをブロックで . . . 本文を読む
コメント

県議会や市町村議会の委員会審議の質疑応答の議事録

2013年02月10日 | 市民意見を議会に反映
県議会や市町村議会の委員会審議の質疑応答の議事録。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月9日 県議会や市町村議会の質疑応答の議事録は 岡山市議会は、 本会議については、作って、ホームページに掲載されるが、 委員会審議については、作らない。 しかし、岡山市議会ホームページに、質疑応答の、主なやり取りは、書いて、掲載してある。 読むと、各・委員会 . . . 本文を読む
コメント (1)

お遍路さんへの誘導看板。徳島県南部の国道で

2013年02月10日 | 子供・おとな安全
お遍路さんへの誘導看板。徳島県南部の国道で 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2013年2月9日 四国霊場を巡るお遍路が本格化するのを前に、徳島県南部の国道ではお遍路さんなど歩行者が安全に歩けるように「歩行者誘導看板」が設置されました。 徳島市と高知市を結ぶ国道55線は、歩いてお遍路をする人たちが利用する道にもなっていますが、県南部には歩道が途切れて危険 . . . 本文を読む
コメント