消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

無罪確定の映画プロデューサー「裏付けなしに起訴された」

2018年06月21日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
無罪確定の映画プロデューサー「裏付けなしに起訴された」 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 うそのテレビ番組の企画を持ちかけて、名古屋市の会社から金をだまし取ったとして詐欺の罪に問われ、その後、無罪が確定した映画プロデューサーの男性が21日都内で会見し、「裏付けがないのに起訴された」などとして検察の対応を批判したうえで、今後、活動を再開する考えを示しました . . . 本文を読む
コメント

袴田巌さんの弁護団が特別抗告

2018年06月18日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田巌さんの弁護団が特別抗告 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんの弁護団が、再審・裁判のやり直しを認めなかった東京高等裁判所の決定を不服として18日、最高裁判所に特別抗告しました。 昭和41年に今の静岡市清水区で会社役員の一家4人が殺害された事件では、従業員だった袴田巌さん . . . 本文を読む
コメント

袴田事件 姉が続けて支援呼びかけ

2018年06月17日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田事件 姉が続けて支援呼びかけ。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年におきたいわゆる「袴田事件」で、死刑が確定し、その後、釈放された袴田巌さんの弁護団が再審・裁判のやり直しを取り消した東京高等裁判所の決定について報告する集会が静岡市で開かれ、姉のひで子さんが「残念な結果でしたが、最高裁に向かって進んでいくだけです」と述べ、引き続き支援を呼びか . . . 本文を読む
コメント

「刑事免責」東京地裁で初適用へ

2018年06月15日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
「刑事免責」東京地裁で初適用へ 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 裁判の証人に不利な証拠として使わないことを約束して、証言を義務づける「刑事免責制度」が、今月、東京地方裁判所で開かれる覚醒剤密輸事件の裁判の証人に対して初めて適用される見通しになったことが関係者への取材でわかりました。 「刑事免責制度」は証人に不利な証拠として使わないことを約束して、裁 . . . 本文を読む
コメント

袴田事件で弁護団が特別抗告へ

2018年06月13日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田事件で弁護団が特別抗告へ 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年に起きたいわゆる袴田事件で、東京高等裁判所は、死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんの再審・裁判のやり直しについて、4年前の静岡地裁とは逆に、認めない決定を出しました。 弁護団は特別抗告する方針で、最高裁判所の判断が焦点となります。 昭和41年に今の静岡市清水区で会社役員の一 . . . 本文を読む
コメント

袴田事件。東京高裁は再審認めず。釈放は取り消さず

2018年06月11日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田事件。東京高裁は再審認めず。釈放は取り消さず 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で、東京高等裁判所は死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんの再審=裁判のやり直しについて、弁護側が行ったDNA鑑定は信用できないとして、4年前の静岡地裁とは逆に、認めない決定を出しました。一方、地裁が認めた釈放については年齢や健康状 . . . 本文を読む
コメント

91歳前に アヤ子さん再審願う。高裁が再審認めたが、検察が最高裁に抗告

2018年06月03日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
91歳前に アヤ子さん再審願う。高裁が再審認めたが、検察が最高裁に抗告 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 39年前鹿児島県大崎町で、義理の弟を殺害した罪などで服役した原口アヤ子さんが、今月91歳になるのを前に、弁護団が3日入院先の病院で誕生日を祝い、再審=裁判のやり直しを一刻も早く始めるよう願いました。 原口アヤ子さんは、昭和54年鹿児島県大崎町で、 . . . 本文を読む
コメント

高知白バイ衝突死。「ブレーキ痕ねつ造は不可能」と、 最高裁も再審を認めず。高知県

2018年05月27日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
高知白バイ衝突死。「警察による、ブレーキ痕ねつ造は不可能」と、 最高裁も再審を認めず。高知県 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   ニュース。 2006年、高知県で白バイとスクールバスが衝突し、白バイ隊員が死亡しました。 この事故をめぐっては警察による「ブレーキ痕のねつ造疑惑」が浮上。 業務上過失致死の罪で刑務所に服役したバスの元運転手が、出所後、 . . . 本文を読む
コメント

裁判員制度9年 取り調べ録画の印象「判断に影響」 撮影方向の見直し論高まる

2018年05月22日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
裁判員制度9年 取り調べ録画の印象「判断に影響」 撮影方向の見直し論高まる 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  裁判員裁判の証拠としても使われる取り調べの録音・録画(可視化)をめぐり、撮影方向の見直し論が高まっている。容疑者を正面から撮影する現行方式では「『強制でなく自発的に供述している』印象を裁判官や裁判員に与えやすい」との指摘が専門家から出て . . . 本文を読む
コメント

袴田事件の再審可否、6月11日決定…東京高裁

2018年05月07日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田事件の再審可否、6月11日決定…東京高裁 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  1966年に静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」で、死刑確定後の再審開始決定により釈放された袴田巌元被告(82)について、東京高裁(大島隆明裁判長)は7日、再審開始を認めるかどうかの決定を6月11日に出すことを決めた。  再審請求審で静岡地裁は2014年3月、袴田元 . . . 本文を読む
コメント

司法取引 取り調べ可視化の「交換条件」

2018年05月02日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
司法取引 取り調べ可視化の「交換条件」 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 =============================== 司法取引 取り調べ可視化の「交換条件」 産経新聞   2018.5.1   クリック   他人の犯罪を“密告”して自らの罪を軽くする「司法取引」の導入にあたっては、日本の風土になじまないとして当初は慎重な見方もあ . . . 本文を読む
コメント

「車に液体かけた」疑いの女性に無罪判決。車所有男性の妻の目撃証言は防犯カメラ映像と矛盾。被告の主張は映像と整合。刺激臭の液体や容器未発見。

2018年04月21日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
「車に液体かけた」疑いの女性に無罪判決。車所有男性の妻の目撃証言は防犯カメラ映像と矛盾。被告の主張は映像と整合。刺激臭の液体や容器未発見。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。相川の意見。 1節ニュースの中で、 判決は、 「「男性の妻の目撃証言」が『防犯カメラの映像』と矛盾し」 「被告の行動は防犯カメラの映像と整合し」 「刺激臭のする液体や容器 . . . 本文を読む
コメント

「警官が記憶整えた可能性」暴行罪で2審も無罪判決。埼玉県川口市内の現場。東京高裁判決

2018年04月07日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
「警官が記憶整えた可能性」暴行罪で2審も無罪判決。埼玉県川口市内の現場。東京高裁判決。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  埼玉県川口市で2016年、路上で男性を突き飛ばしたとして暴行罪に問われたイラン国籍の男性被告(51)の控訴審判決で、 東京高裁(大島隆明裁判長)は6日、無罪とした1審・さいたま地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。  判決に . . . 本文を読む
コメント

1歳女児傷害致死の罪は無罪。覚醒剤を使った罪で懲役2年4か月の実刑。の判決。大阪地裁

2018年03月15日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
1歳女児傷害致死の罪は無罪。覚醒剤を使った罪で懲役2年4か月の実刑。の判決。大阪地裁。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 10年前、大阪・浪速区のマンションで交際相手の当時1歳の長女を暴行して死なせた罪などに問われた男の被告の裁判員裁判で、大阪地方裁判所は、「被告が暴行したとは言い切れない」として傷害致死罪について無罪を言い渡しました。 羽曳野市の無職、 . . . 本文を読む
コメント

大崎事件 高裁も再審認める

2018年03月12日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
大崎事件 高裁も再審認める https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20180312/5050002106.html 39年前、大崎町で義理の弟を殺害した罪などで懲役10年の刑が確定し、服役を終えた90歳の女性について、福岡高等裁判所宮崎支部は「新たな証拠から被害者が殺害されたという前提がなくなり、犯人とみるのは相当困難だ」と指摘し、去年の鹿児島地裁と同じ . . . 本文を読む
コメント