消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

器物損壊の罪に問われた岡山市の女性が 無罪が確定。…高検支部が上告断念

2018年10月18日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
器物損壊の罪に問われた岡山市の女性が 無罪が確定。…高検支部が上告断念 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   1節。 相川の意見 このブログの関連記事 「器物損壊罪の疑いの 女性に無罪判決。地裁の無罪判決に続き。広島高裁岡山支部が 2018年10月04日   クリック  「「車に液体かけた」疑いの女性に無罪判決。車所有男性の妻の目撃証言は防犯カメラ映像 . . . 本文を読む
コメント

警視庁の警官に公務執行妨害、の疑いの男性に無罪判決。「警察が犯行現場の状況を記載した実況見分調書が不正確」「警官の証言が変遷」

2018年10月13日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
警視庁の警官に公務執行妨害、の疑いの男性に無罪判決。「警察が犯行現場の状況を記載した実況見分調書が不正確」「警官の証言が変遷」 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  東京都墨田区で警官を殴ったとして公務執行妨害罪に問われた江戸川区の会社員男性(35)に対し、 東京地裁は無罪(求刑・罰金30万円)とする判決を言い渡した。 永渕健一裁判官は「警察が犯行現場の . . . 本文を読む
コメント

「松橋事件」の再審開始決まる…検察側の特別抗告を最高裁が棄却して

2018年10月12日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
「松橋事件」の再審開始決まる…検察側の特別抗告を最高裁が棄却して。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280   目次 1節。ニュース。最高裁決定(判決に相当)。「松橋事件」の再審開始決まる…特別抗告を最高裁が棄却。 9節。資料出典。 10節。ニュース。 最高裁決定(判決に相当)。「松橋事件」再審開始が確定=85年の殺人、「自白」服役の男性―最高裁 11節。ニュ . . . 本文を読む
コメント

器物損壊罪の疑いの 女性に無罪判決。地裁の無罪判決に続き。広島高裁岡山支部が

2018年10月04日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
器物損壊罪の疑いの 女性に無罪判決。一審に続き。広島高裁岡山支部が 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  器物損壊の罪で逮捕・起訴され一審で無罪が言い渡された女性の控訴審で、 広島高裁岡山支部は一審判決を支持し控訴を棄却しました。   無罪の判決を受けたのは、岡山市に住む女性(40)です。   女性は岡山市中区の住宅に駐車していた車に漂白剤のようなもの . . . 本文を読む
コメント

弁護士立ち会い拒否は不当と提訴

2018年09月27日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
弁護士立ち会い拒否は不当と提訴。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 電車内で女性の体を触った罪に問われ、無罪判決を受けた愛知県の男性が、任意の取り調べの際に検察が弁護士の立ち会いを認めず不当に逮捕されたとして国に賠償を求めた裁判が始まりました。 愛知県内に住む男性は、おととし、電車内で女性の体を触ったとして逮捕され、県の迷惑防止条例違反の罪で起訴され . . . 本文を読む
コメント

再審求め最高裁に特別抗告。北海道恵庭市で会社の同僚だった女性の首を絞めて殺害した疑い。服役出所

2018年09月04日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
再審求め最高裁に特別抗告。北海道恵庭市で会社の同僚だった女性の首を絞めて殺害した疑い。服役出所 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 18年前、恵庭市で会社の同僚だった女性の首を絞めて殺害したなどとして懲役16年の判決が確定し、殺人などの罪で服役した元被告の弁護団が、2度目の再審=裁判のやり直しを認めなかった札幌高等裁判所の決定を不服として、3日、最高裁判所 . . . 本文を読む
コメント

「入れ歯安定剤でアルコール検知」酒気帯び無罪判決

2018年08月19日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
「入れ歯安定剤でアルコール検知」酒気帯び無罪判決 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  道路交通法違反(酒気帯び運転)などに問われた男性被告の控訴審で、東京高裁(秋葉康弘裁判長)が「入れ歯安定剤に含まれるアルコールが検知された可能性がある」として、同法違反について逆転無罪とする判決を言い渡し、確定していたことがわかった。 飲酒していなくても誤って摘発され . . . 本文を読む
コメント

ウソ自白や冤罪防ぐ、取り調べに「心理学」活用

2018年07月29日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
ウソ自白や冤罪防ぐ、取り調べに「心理学」活用 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280  「心理学」を取り調べの適正化につなげようという動きが捜査当局の中で広がりつつある。虚偽の自白を防ぎ、冤罪えんざいを防止するためで、警察や検察が心理学者の講義や研修を相次いで導入している。自白の信用性が崩され、再審開始決定や無罪事件が相次いだことなどが背景にある。   . . . 本文を読む
コメント

弁護士会 慎重な捜査求める声明。徳島県。事件とは無関係の女性を詐欺事件の容疑者として誤って逮捕

2018年07月17日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
弁護士会 慎重な捜査求める声明。徳島県。事件とは無関係の女性を詐欺事件の容疑者として誤って逮捕 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 去年、三好警察署が事件とは無関係の女性を詐欺事件の容疑者として誤って逮捕した問題で、徳島弁護士会は、客観的な証拠の収集に努めていれば避けられた可能性が高いとして、今後、慎重な捜査を行うよう求める声明文を警察などに送りました。 . . . 本文を読む
コメント

無罪判決の女性が施設を提訴。佐賀県嬉野市の養護老人ホームで

2018年07月13日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
無罪判決の女性が施設を提訴。佐賀県嬉野市の養護老人ホームで 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 嬉野市の養護老人ホームで、利用者の医療器具のカテーテルを無理やり外してケガをさせたとして傷害の罪に問われ、その後、無罪が確定した介護職員の女性が精神的な苦痛を受け、休業を余儀なくされたなどとして施設側に対して慰謝料などを求める訴えを佐賀地方裁判所に起こしました。 . . . 本文を読む
コメント

日野町強盗殺人事件 再審開始を認める決定(判決相当)。滋賀県。大津地裁

2018年07月11日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
日野町強盗殺人事件 再審開始を認める決定(判決相当)。滋賀県。大津地裁 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 34年前、日野町で起きた強盗殺人事件で無期懲役が確定し、服役中に死亡した男性について、大津地方裁判所は「警察官から暴行を受けるなどして自白を強要された疑いがある」などと判断して、再審=裁判のやり直しを認める決定をしました。 裁判のやり直しが認めら . . . 本文を読む
コメント

再審決定取り消しで抗議集会。袴田事件で

2018年06月24日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
再審決定取り消しで抗議集会。袴田事件で 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で死刑が確定し、その後、釈放された袴田巌さんの再審・裁判のやり直しについて、東京高等裁判所が再審を認めない決定を出したことに抗議する集会が浜松市で開かれ、支援者らが袴田さんの無実とさらなる支援を訴えました。 昭和41年に今の静岡市清水区で会社 . . . 本文を読む
コメント

無罪確定の映画プロデューサー「裏付けなしに起訴された」

2018年06月21日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
無罪確定の映画プロデューサー「裏付けなしに起訴された」 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 うそのテレビ番組の企画を持ちかけて、名古屋市の会社から金をだまし取ったとして詐欺の罪に問われ、その後、無罪が確定した映画プロデューサーの男性が21日都内で会見し、「裏付けがないのに起訴された」などとして検察の対応を批判したうえで、今後、活動を再開する考えを示しました . . . 本文を読む
コメント

袴田巌さんの弁護団が特別抗告

2018年06月18日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田巌さんの弁護団が特別抗告 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんの弁護団が、再審・裁判のやり直しを認めなかった東京高等裁判所の決定を不服として18日、最高裁判所に特別抗告しました。 昭和41年に今の静岡市清水区で会社役員の一家4人が殺害された事件では、従業員だった袴田巌さん . . . 本文を読む
コメント

袴田事件 姉が続けて支援呼びかけ

2018年06月17日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
袴田事件 姉が続けて支援呼びかけ。 相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 昭和41年におきたいわゆる「袴田事件」で、死刑が確定し、その後、釈放された袴田巌さんの弁護団が再審・裁判のやり直しを取り消した東京高等裁判所の決定について報告する集会が静岡市で開かれ、姉のひで子さんが「残念な結果でしたが、最高裁に向かって進んでいくだけです」と述べ、引き続き支援を呼びか . . . 本文を読む
コメント