MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハマナスという花

2018年07月31日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、バラ属のハマナス(浜梨)という花である。この花の開花時期は、 5/ 1 ~ 6/15頃である。これは、海岸近くに植えられる。葉や枝にこまかい「とげ」がいっぱいあるが、よい香りの花である。夏に、ミニトマトのような形のだいだい色の実がなる。固いが、食べられる。甘酸っぱい味の実を梨にたとえて、「浜の梨」の意で名づけられた。「はまなし」が東北弁でなまって「はまなす」になった。アイヌの人々は魔よけのために戸口に立てた。が、実は食用、種子をイヨマンテの祭りに用いた。
「浜茄子」とも書く。北海道の道花  知床の岬に~ はまなすの咲く頃~ (知床旅情)



  今日の誕生日の花:アサガオ   花言葉:愛情の絆

  今日の一句:朝顔やつるべとられてもらひ水  千代女 (加賀の千代女か?)

  (NHKラジオ深夜便から引用) 

コメント

瑠璃玉薊(るりたまあざみ)という花 

2018年07月30日 | Weblog
これは、菊(きく)科、エキノプス属(ヒゴタイ属)の瑠璃玉薊(るりたまあざみ)という花である。これは、おもしろい形の花。夏、とんがった状態から少しずつ開花する。葉っぱは名前のとおりギザギザの「アザミ」によく似ている。花だけ見たらほとんど区別がつかない。葉で、なんとか見分けられる。
瑠璃玉薊(るりたまあざみ)の別名は、「エキノプス」「ブルーボール」


これは、菊(きく)科、エキノプス属(ヒゴタイ属)の瑠璃玉薊(るりたまあざみ)という花である。これは、おもしろい形の花。夏、とんがった状態から少しずつ開花する。葉っぱは名前のとおりギザギザの「アザミ」によく似ている。花だけ見たらほとんど区別がつかない。葉で、なんとか見分けられる。
瑠璃玉薊(るりたまあざみ)の別名は、「エキノプス」「ブルーボール」



  今日の誕生日の花:フシグロセンノウ   花言葉:転機

  今日の一句:遠くにて水の輝く晩夏かな    高柳重信

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

茄子(なす)という野菜

2018年07月29日 | Weblog
これは、茄子(なす)科、ナス属の茄子(なす)という野菜である。この茄子の開花時期は、 6/ 5 ~ 8/ 5頃、これは、インド原産の野菜。奈良時代に我が国に渡来。花はうす紫色。夏に採れる野菜なので「夏実(なつみ)」、それがしだいに変化して「なすび」、それが省略されて「なす」になった。また、「梨実(なしみ)」が変化したものともいわれる。




  今日の誕生日の花:ハマボウ   花言葉:楽しい思い出

  今日の一句:瀧落ちて群青世界とどろけり    水原秋桜子

  (NHKラジオ深夜便から引用)

コメント

木槿(むくげ)という花

2018年07月29日 | Weblog
これは、葵(あおい)科、フヨウ(ハイビスカス)属の木槿(むくげ)という花である。この花の開花時期は、 6/25 ~ 10/15頃 「木槿(ムージン)」と呼ぶ。漢字はこの字があてられている。漢名の「木槿」の音読み「もくきん」が変化して「むくげ」となったとも、韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」または「ムキュウゲ」が変化して「むくげ」となった、ともいわれる。韓国では、国の繁栄を意味する花として国花になっている。
強い木で、枝を切って地面に刺しておくといつの間にか根づくらしい。
8月28日の誕生花 花言葉は「信念」  



  今日の誕生日の花:チングルマ   花言葉:可憐

  今日の一句:夕やけの大きな山に迎へられ    及川貞

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

ペチュニアという花

2018年07月28日 | Weblog
これは、茄子(なす)科、ペチュニア属のペチュニアという花である。この花は、春から秋頃まで長い間咲き続ける。雨や暑さに強く、梅雨時に発生しやすい植物の病気にも強い。したがってガーデニングが初めての人にも育てやすいそうだ。これは、南アメリカ原産。
ペチュニアという花の別名は、「衝羽根朝顔」(つくばねあさがお)
5月18日、9月25日の誕生花 花言葉は「変化に富む」「あなたがそばにいると心が和む」



  今日の誕生日の花:コマクサ(ケシ科)  花言葉 高嶺の花 

  今日の1首:峰近く駒草は咲きいたりけり 小さな風に素直にゆれて

   (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

ルドベキア・タカオという花

2018年07月26日 | Weblog
これは、菊(きく)科、ルドベキア属のルドベキア・タカオという花である。この花は、種を撒くのは3月前後ですが、苗で出回るのは5月以降くらい。ルドベキア・タカオは宿根草で、冬を越せれば毎年咲いてくれます。ただし株の寿命が短いとされています。ですが、こぼれダネで毎年新しい株が出来るので全く気にならない。つまり、一度植えると環境が合っていれば毎年開花する。
●霜よけをすれば株の越冬も可能ですが、株の寿命が短く、こぼれダネで翌年の春になればまた芽吹くので、防寒せずに放置しておくのも手です。
●軒下になっていたり、霜が降りない地域ではルドベキアはそのまま越冬することも。



  今日の誕生日の花:マツバボタン   花言葉:無邪気、可憐

  今日の一句:紅白の松葉牡丹に母をおもふ   原石鼎

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

紫露草(むらさきつゆくさ)という花

2018年07月25日 | Weblog
これは、露草(つゆくさ)科、ムラサキツユクサ属の紫露草(むらさきつゆくさ)という花である。この花の開花時期は、 4/20 ~ 7/10頃。高さ50cmほどで、小さい花の「紫露草」と、高さ1mほどで大きめで色数豊富な花の「大紫露草(おおむらさきつゆくさ)」があり、厳密には区別されるが、ふつうは両方とも「紫露草」の名で呼ばれることが多いようだ。
くっきりした花弁。色はピンク、紫、青紫、など。



  今日の誕生日の花:ムクゲ(アオイ科)  花言葉 デリケートな美  柔和  

  今日の1首:おのずから今日をえらび咲きにけり いちにち花よ白いムクゲよ

  (NHKラジオ深夜便から引用)



コメント

百日紅(さるすべり)という花

2018年07月24日 | Weblog
これは、禊萩(みそはぎ)科、サルスベリ属の百日紅(さるすべり)という花である。この花の開花時期は、 7/15 ~ 10/15頃まで長く咲き続けるのである。これは、中国の原産。約100日間、花を咲かせるのがネーミングの由来。約3ヶ月間、夏から秋まで咲き続ける。実際には、一度咲いた枝先から芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見える。花はしわしわの形。白い花もある。「猿滑」とも書く。



  今日の誕生日の花:ヒマワリ(キク科)  花言葉 あなたはすばらしい 崇高 
 
  今日の1首:大輪のヒマワリ仰ぎ 先生と私は立って写っています

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

グラジオラスという花

2018年07月24日 | Weblog
これは、文目(あやめ)科、グラジオラス属のグラジオラスという花である。この花は、6月から8月頃にかけて開花。長い穂先に、上から下までズラッと花を咲かせる。花は片側だけにつくものが多い。いろいろな種類があり、切花としても栽培される。
グラジオラスという花の別名は、「唐菖蒲(とうしょうぶ)東洋にある菖蒲というところから。6月16日、9月15日、11月26日の誕生花 花言葉は、「用心深い、楽しい思い出、たゆまぬ努力」



  今日の誕生日の花:ニッコウキスゲ(ユリ科)  花言葉 日々あらたに 心安らぐ人 

  今日の1首:山原のニッコウキスゲ空に映え 日々あたらしく夏深めゆく

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

凌霄花(のうぜんかずら)という花

2018年07月22日 | Weblog
これは、凌霄花(のうぜんかずら)科、ノウゼンカズラ属の凌霄花(のうぜんかずら)という花である。この花の開花時期は、 6/25 ~ 9/15頃まで長く咲き続ける。この花も中国原産。古くから薬として使われていた。日本には平安時代の9世紀頃に渡来。オレンジ色の派手な花。つるでどんどん伸びていく。いろいろからみつく。
とても寿命の長い木で、豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったといわれるものが金沢市にまだ健在らしい。 (樹齢400年以上・・・「凌霄花」は漢名からである。



  今日の誕生日の花:ハス 花言葉:清らかな心

  今日の一句:蓮の花開かんとして茎動く    滝沢伊代次

   (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント