MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

金魚草(きんぎょそう)という花

2017年12月30日 | Weblog
これは、胡麻葉草(ごまのはぐさ)科。キンギョソウ属の金魚草(きんぎょそう)という花である。子の花は、地中海沿岸原産で江戸時代後半に日本に渡来。春の南房総では、たくさん温室栽培されている。ネーミングは、花が金魚のおちょぼ口に似ているところから、または、波打つような花びらが金魚の尾びれに似ているところから。この花は、種子からは良質の油がとれる。
1月8日、12月2日の誕生花 花言葉は「仮定、推測、予知」。



  今日の誕生日の花:アオキ    花言葉:若く美しく

  今日の一首:小雪舞う庭のアオキの赤い実の瑞々(みずみず)として大晦日  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

ルドベキアという花 

2017年12月29日 | Weblog
これは、菊(きく)科、オオハンゴンソウ属のルドベキアという花である。この花は、北アメリカ原産。明治中期に我が国に渡来した。この花は、夏から晩秋にかけて開花し、花は大小あり。また、いろんな種類がある。「ルドベッキア」とも読む。「ルドベキア・タカオ」という種類の花は、花びら8枚で真ん中がこげ茶色、よく見かける「ルドベキア・タカオ」の別名を「三葉大反魂草(みつばおおはんごんそう)」と呼ぶらしい。
ルドベキアの別名は、「コーンフラワー」「松笠菊(まつかさぎく)」
8月15日の誕生花 花言葉は「鮮やかな態度」



  今日の誕生日の花:ベニベンケイ、カランコエ   花言葉:幸福を告げる

  今日の一首:花と葉と抱きつ抱かれるおもむきのカランコエ咲く今日のうれしさ  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

一年越しのシクラメン

2017年12月28日 | Weblog
これは、桜草(さくらそう)科、シクラメン属のシクラメンという花の咲かない一年越しの状態である。というのは、去年立派に咲いたものを花が終わってから大切に育てたものである。それは、来年のシーズンにも咲かせてみたいと、夏場を上手に管理し乗り切ってきたものである。普通、この花の開花時期は、10/25 ~ 翌 4/20頃。まだ、開花の可能性なしとは言えないが、現状は、此の様な状態である。普通、初冬から春まで咲き、年末年始頃から室内でもよく飾られる花だけに、このように咲かないのは、少しばかり残念である。



今日の誕生日の花:カトレア  花言葉:優雅な人

  今日の一句:数へ日や昼の木立に子の遊び     岡本眸

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

鬼柚子(オニユズ)という果実

2017年12月27日 | Weblog
これは、ミカン科ミ、カン属ブンタン類の獅子柚子(シシユズ)または鬼柚子(オニユズ)である。ネーミングは、「***柚子」となっているが、オニユズ(シシユズ)は、ブンタンの亜種にあたるなである。中国が原産で奈良時代に日本に入ってきたとされている。獅子柚子/鬼柚子/シシユズ/オニユズ その姿かたちはまさに「獅子」のような顔をしていますね。ダイダイのように正月に玄関などに飾ったりするのに使われるなど、食用と言うより観賞用に使われる事の方が多い果物である。



  今日の誕生日の花:ロウバイ   花言葉:慈愛心、思いやり

  今日の一句:酔少し回りてからが年忘れ    三村純也

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

白妙菊(しろたえきく) 

2017年12月26日 | Weblog
これは、菊(きく)科、キオン属の白妙菊(しろたえきく)dえある。これは、葉と茎が、白い綿毛でおおわれているのが特徴。それが、ネーミングの由来でもある。6月頃、その先端に黄色の花をつける。花壇の縁取りなどでよく見かけるはなである。
白妙菊(しろたえきく)の別名は、「ダスティーミラー」



  今日の誕生日の花:ナンテン   花言葉:福をなす、良き家庭

  今日の一句:日当たればみんなしあはせ寒南天              星野麦丘人

  今日の一首;化粧塩きりりと鯛はナンテンの葉にのせられて万事よろしき  鳥海昭子
  
  (NHKラジオ深夜便から引用)
.


コメント

万両(まんりょう)という果実

2017年12月25日 | Weblog
これは、サクラソウ科、ヤブコウジ属の万両(まんりょう)という果実である。この万両は、茎が、直立し、葉は互生し、やや厚く、濃緑色、長さ4~13㎝、幅2~4㎝の長楕円形、縁に波状の鋸歯がある。花は葉脇から出す花枝の先に散形状に多数つく。花冠は白く、5裂する。萼は5裂し、果実が色づく頃には赤くなる。果実は直径約6㎜の核果、秋に真っ赤に熟し、春まで見られる。三河の山ではセンリョウと同様に普通に見られ、色のない冬に目立つ。果実が黄色のものをキミノマンリョウといい、白色のものをシロミノマンリョウという。




  今日の誕生日の花:フユベゴニア    花言葉:愛の告白

  今日の一首:ひめやかな片思いなどありましてフユベゴニアを育てています   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用) .



コメント

水仙(すいせん)という花

2017年12月24日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、スイセン属の水仙(すいせん)という花である。この花の開花時期は、12/15 ~ 翌 4/20頃。早咲きものは正月前頃にはすでに咲き出している。この花は、地中海沿岸原産で平安末期に中国から我が国に渡来。ネーミングは、漢名の「水仙」を音読みし「すいせん」になった。いろいろな種類がある。「日本水仙(にほんずいせん)」が最もポピュラー。福井県の県花 。水仙(すいせん)の別名は、「雪中花(せっちゅか)」、この水仙の種類は、」良く分からない。  



  今日の誕生日の花:クリスマスローズ   花言葉:追憶

  今日の一首:思い出は少しさみしくさはあれど今日の窓辺のクリスマスローズ  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

南天(なんてん)の赤い実

2017年12月23日 | Weblog
これは、目木(めぎ)科、ナンテン属の南天(なんてん)の赤い実である。この南天の開花時期は、 6/15 ~ 7/10頃である。これは、中国の原産で我が国に渡来。花は、比較的地味な白い花。真ん中は黄色。この花のネーミングは、漢名の「南天燭」を略して「南天」。「なんてん」は、「南天」を音読みしたもの。秋に赤い実をつける。鳥が食べない限り冬中見ることができる。実を乾燥させたものには「せき」止めの効き目がある。
京都の金閣寺の床柱は、南天の材を使っていることで知られている。



  今日の誕生日の花:シャコサボテン   花言葉:美しい眺め

  今日の一首:蕾そろうシャコサボテンの鉢を置く聖夜にありて想う人あり  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント

千両(せんりょう)という花

2017年12月23日 | Weblog
この千両は、万両と同様に縁起がよい庭木として親しまれ、山中の林内で栽培されている。葉は対生し、長さ10~15㎝、幅4~6㎝の長楕円形で、縁に鋭鋸歯があり、先が尖る。葉柄の基部は茎を抱く。茎頂に小さな目立たない黄緑色の花をかたまって穂状に多数つける。花には花弁、萼がない。雄しべは1個、葯は2個。果実は核果で、直径3~5㎜、冬に赤く熟す。核は1個入り、直径約3㎜の球形、白色、黄色のものがまれにあり、キミノセンリョウという。これは、先日、アップ済みである。



  今日の誕生日の花、ユズ   花言葉:健康美

  今日の一句:吾子はをみな柚子湯の柚子を胸に抱き  山口青邨

  今日の一首;さわやかな香り立ちたるユズの湯に幼き子らの湯を飛ばしいき 鳥海昭子   

  (NHKラジオ深夜便から引用)

コメント

プリムラ・ポリアンサという花

2017年12月21日 | Weblog
これは、桜草(さくらそう)科、(プリムラ・ポリアンサ)サクラソウ属のプリムラ・ポリアンサという花である。この花の開花時期は、12/10 ~ 翌 5/15頃で、よく見かけるのは花びらの大きい「プリムラ・ポリアンサ」である。西洋桜草(せいようさくらそう)」は、桜草の園芸品種で、プリムラの一種。
1月22日の誕生花 花言葉は 「無言の愛」



  今日の誕生日の花:ポインセチア   花言葉:博愛、祝福

  今日の一句:待つといふ静寂をポインセチアの灯   上田日差子

  今日の一首:ポインセチアの赤より赤い服を着て花屋の小女の笑顔よろしき  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント