MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

牡丹

2006年04月28日 | Weblog
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人の形容に相応しいような綺麗な牡丹が近所の庭で咲いていた。物凄く大きな牡丹も咲いていたけれど、雨に降られ花弁が可哀相なくらい痛んでいて見る影もなかった。牡丹も、やはり美人同様、薄命?
コメント

アマリリス

2006年04月26日 | Weblog
今日、行きつけの床屋に行ってきた。その店は、いつも店内に花が飾ってある。今日は、大輪のアマリリスが飾ってあった。これは、その中の一番綺麗に咲いていたものである。聞くところによると、アマリリスは、彼岸花の系統に属するものだとか。
コメント

花みずき

2006年04月25日 | Weblog
いま当地、所沢市山口では、遊園地や野球場もあるような自然豊かな土地だけあって八重桜などが満開だ。また、当然のことながらアメリカ花みずきなどの花も、一斉に咲き競っている。土地柄、花一杯といったところだ。
コメント

珍しい花桃

2006年04月21日 | Weblog
いま花桃は、いたるところで咲き誇っている。これも、多分、花桃だろう。小さい桃色の花が無数に咲き乱れ、それはそれは圧巻、圧倒されるほど見事な光景である。
コメント

宮ヶ瀬ダム

2006年04月20日 | Weblog
昨日、山中湖から道志村を抜けて宮ヶ瀬ダムまで行ってきた。富士山周辺は、丁度、桜が満開、可憐な「富士桜」が特に印象的であった。また、その道すがら道志村では至るところで桜が満開、素晴らしい陽春の風情を存分楽しむことが出来た。
宮瀬ダムでは、観光放水時間に間に合い、幸いにも放水そのものの情景を目の当たりにすることが出来た。高さ100m以上の高いところからの放水は、まさに圧巻そのもの。
運が良ければ云々といった歌があるが、何もかにも幸運に恵まれ、快適で素晴らしいドライブを存分楽しむことが出来た。
コメント

馬酔木

2006年04月16日 | Weblog
すぐ近くの家の庭先に珍しい馬酔木が咲いていた。馬酔木の花は普通白だと思っていたが、この赤い馬酔木は、園芸品種で格別、珍しいものでもなさそうだ。これを馬が食べると酔ってしまうから馬酔木と言うのだそうだが、はたして本当だろうか
コメント

花桃

2006年04月15日 | Weblog
桜が咲き、桃の花も咲いた。染井吉野が散り、八重桜が咲く頃になると花桃も散り始める。咲き誇った色々な花も、次々と散ってゆく。春が瞬く間に過ぎようとしている。
コメント (1)   トラックバック (1)

珍しい桜

2006年04月14日 | Weblog
近所に少し緑かかった花の桜が咲いている。名前は判らないが珍しいので毎年咲く時期を楽しみにしている。開花は、少し遅く八重桜と一緒の頃だ。
コメント

春爛漫

2006年04月11日 | Weblog
今年は、寒かったにも拘わらず桜の開花が早かったように思う。しかも、例年になく長いこと咲いている様だ。散歩の途次、身近に桜の花を眺めることが出来た。これは、多分、染井吉野だと思う。
コメント

山桜

2006年04月02日 | Weblog
西武園ゴルフコース近くの山林に大きな山桜の古木がある。この山桜は、多摩湖周遊道路から少し入ったところの荒れ地にあるため、知る人ぞ知るといった古木である。例年、桜の開花時期に訪れることにしているが、咲いている期間は極端に短いようだ。この様に開花の短い喩えが、いさぎよしとする日本人の気質として詠われているのかも知れない。
ここ近辺にも開発の波が押し寄せつつある。一日でも長く残して欲しいと願わずには居られない。
コメント