MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トリトマ

2012年07月01日 | Weblog
この吃驚するような大きな花は。百合科のトリトマ、別名(松明(たいまつ)ゆり)である。実は、去年も此所で紹介したことがあったが、名前を忘れてしまい中々思い出せなかったのである。このトリトマが生えているところは、我が家の直ぐ近所、だが、小生の散歩するエリアの中では此所だけにしか生えているという大変珍しい植物である。このトリトマは、あまりに偉大すぎで、庭木にするのには、一寸、そぐわないような気がするのである。



トリトマ・百合(ゆり)科。
・学名 Kniphofia
(トリトマ、姫トリトマ)
Kniphofia : シャグマユリ属
Kniphofia(クニフォフィア)は、
ドイツの植物学者「Kniphof さん」の名前にちなむ。

・初夏から夏にかけて咲く。
・花はつぼみのときはオレンジ色で
開花したら黄色になる。
下向きに咲く。

・英名は「トーチリリー」
(松明(たいまつ)ゆり)。
長く伸びた花茎に咲く細長い
筒状の花を、たいまつが燃えて
いるように見立てた。
うまいネーミングですね。
・9月8日の誕生花
・花言葉は「あなたは私を楽しませる」

  (季節の花300から引用)

  今日の誕生日の花:タチアオイ    花言葉:灼熱の恋

  今日の一句:立葵咲き終りたる高さかな    高野素十

  (NHKラジオ深夜便から引用)
コメント   この記事についてブログを書く
« 未央柳(びようやなぎ) | トップ | 印度浜木綿 (アフリカハマユ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事