MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

猩々草(しょうじょう)という花

2018年08月18日 | Weblog
これは、灯台草(とうだいぐさ)科、ユーフォルビア属の猩々草(しょうじょう)という花である。これは、北アメリカ原産の「ユーフォルビア」の一種で、初雪草の仲間。花は8月から10月頃にかけて開花。秋に頭頂部の葉がオレンジ色に変わり、これがとても目立つ
葉っぱの形もおもしろい。茎葉を傷つけると白い乳液が出る。



  今日の誕生日の花:ヒャクニチソウ   花言葉:友への思い

  今日の一句:百日草洗ひ晒しの色となり     本井英

  (NHKラジオ深夜便から引用)  


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 無花果(いちじく)という果実 | トップ | 百日草(ひゃくにちそう)と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事