超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

金型及び金型部品の製造はなに

2017-11-29 09:22:12 | 精密金型部品
若し金型及び金型部品の製造まず説明するのが金型に言及する。金型、特定の構造と形式によって一定方法で材料を成型させた工業製品。それに、金型は大量に生産することができて必ず形とサイズの求める工業の製品の部品の生産用具。飛行機、自動車、湯飲み、くぎなどほとんど金型及び金型部品の製造に頼って成型しなければなりません。金型で生産製作の高い精度、高の一致する性、高の生産効率はその他の加工方法と比較できないのです。金型及び金型部品の製造は大体この製品の品質、収益と新製品の開発の能力を決定しています。だから金型はまた“工業の雌”の称号があります。金型及び金型部品の製造方法はだんだん熟す。


yizeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4370.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プレス金型パーツの定義

2017-11-29 09:16:35 | 精密プレス金型パーツ
日常生活の中で私達は毎日接触電器、電子などの製品。の最終の製品成型と科学技術の先進地域で再び生産レベルを越えて。私たちの電器、計器、機器、医療機器、日用のツールなどと金型の制造に密接に関連して。良い設計案は工コスト節約で、企業の経済効率。だから、精密プレス金型パーツ業界の多くの産業分野でも重要な位置を占めている。精密プレス金型パーツの定義はなんだろうか?つぎは、精密プレス金型パーツについて、簡単に紹介させていただく。
精密プレス金型パーツの定義というのは、工業生産中、金型では様々なプレスと詰めプレスの専用工具を通じて、圧力を金属または非金属材料する必要の形の部品や製品、この専用工具を総称して金型。
金型の一般的な分類:に分けることができますプラスチック金型及び非プラスチックゴム金型。非プラスチック金型:鋳造型、鍛造型、プレス金型、ダイカスト金型など。
プラスチック金型の生産技術と生産製品の違いは、射出成形金型、めちゃモテを吹いて、圧縮成形金型成型金型成型移転、押し出し型、熱成形金型と成型金型転。
金型業界のプラスチック金型は国内の金型の制造では、開発の過程では非常に潜在的な業界の一つで、それは広く世界各業種中、推進我が国GDPの重要な指標。だから、精密プレス金型パーツの定義を分るのは大切重要だ。


yizehsiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_435.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超精密製作金型部品精密加工際に金型設計必ず注意する点について

2017-11-28 08:53:27 | 精密金型部品
超精密製作金型部品精密加工際に金型設注計必ず意する点をよく理解して回路悪く、冷却不良など問題は成型不良になることを避ける。高品質製品を生産するために、小さい点を注意しなければならない。下記通り超精密製作金型部品精密加工際に金型設計必ず注意する点について説明し:
1.肉厚はできるだけ均一になること。それに、抜き勾配の大きさは十分である。
2.過渡するときはスムーズにしてエッジ及びシャープエッジをさけること。特にPC製品、欠けは駄目だ。このようにして超精密製作金型部品精密加工製品の品質を保証すること。
3.ゲート部分のランナーはできるだけ広く、それに収縮冷却工程によってゲートの位置を設定する。必要場合冷却剤を入れる。
4.金型表面はスムーズを確保し、粗度は0.8を超えない。
5.エアベントはエアをすぐに排出しなければ。
最後に超精密製作金型部品精密加工際に金型設計必ず注意する点は、PETを除いて肉厚は1mmの標準足りないことはだめ。


yizeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4369.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型パーツ研磨基本プログラム

2017-11-28 08:47:13 | 精密プラスチック金型パーツ
高品質のバフ効果を獲得して、最も重要なのはをプラスチック金型の高い品質の砥石、サンドペーパーやダイヤモンドペーストなどの研磨工具と補助食品。そして研磨プログラムの選択によって前期加工後の表面状況など、機械加工、放電加工、研削加工など。だから知る必要が精密プラスチック金型パーツ研磨の基本プログラム。
精密プラスチック金型パーツ研磨の基本プログラムは次の通り:
1、精トス
精トス主要使用ダイヤモンドペースト。もし用バフ混合ダイヤモンド研磨粉やペーストを研磨することは、通常の研磨順番は9μm(# 1800)~6μm(NULLNULL # 3000)~3μm(# 8000)。9μmのダイヤモンドペーストやバフを使用することができます# 1200と# 1500号ペーパーが殘した発状研磨割れ。あとは接着フェルトとダイヤモンドペーストを売り払って、順番に1μm(# 14000)~1 / 2μm(NULLNULL # 60000)~ 1 / 4μm(NULLNULL # 100000)。精度要求1μm以上(1μm)の研磨工程での金型加工ショップで清潔度の研磨室内行い。もしもっと精密研磨しなければならないのは絶対清潔な空間。ほこり、煙、ふけや涎泡もある廃棄数時間仕事後の高精密研磨
2、粗トス
経フライス、電気火花、磨などの工芸後の表面を選ぶことができる回転35 000~40 000 rpmの回転が表面研磨機や超音波研磨機で磨く。常用の方法を利用し#直径Φ3 mm、ワシントンを400の車輪を白い放電層。そして手作り砥石研磨、ストリップの砥石加燈油の潤滑剤としてあるいは冷却材。一般の使う順序を# 180~# 240~# 320~# 400~600~# # 800~1000 #。多くの金型メーカー時間節約のためから选択# 400から
3、半精トス
半精トスは主にサンドペーパーや燈油。ペーパーの番号は順に、# 400~600~# # 800~1000~# # 1200~# 1500。実は# 1500サンドペーパーで適焼硬い金型鋼(52HRC以上)は、適用しないプリ鋼、それを招くかもしれないプリ鋼件表面やけど。
⒋精トス
用ペーストを精トス、8000、10000達成鏡面ました。
衝の針、パンチ、ガイドピン、ガイドセット、ビン指ぬき、司筒、パチンコセット、独立導柱、スライド、期日章、斜頂スライド、口々にセット、測位の塊、導位固定の塊、ガイドピンブースタ(位置決め柱)、ガイドピンモジュールなど。
上記の述べて、あなたはきっと、精密プラスチック金型パーツ研磨の基本プログラムの一定の理解です。もしあなたは知りたいのはもっと多くて、君が東莞宜澤金型有限会社について、さらに詳しく理解します。


yizehsiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_434.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金型温度は金型及び金型部品の製造した製品成型及び品質を影響する

2017-11-27 09:49:40 | 精密金型部品
調査によると、金型温度は金型及び金型部品の製造した製品成型及び品質を影響する。下記通り説明する:

1.金型温度は安定することを保証すれば、製品成型の収縮率を下げる。このような製品の精度を上げること。

2.若し温度は安定し、金型及び金型部品の製造した製品は変形の確率は少なくなる。特に複雑な結構である製品。

3.温度は低く過ぎ場合プラスチックの流動性は悪くになり、それに充填を影響し、廃品を生産しかも知れない。金型及び金型部品の製造した製品成型及び品質を影響する。

4.金型及び金型部品の製造した製品成型及び品質を保証為に製品の外観をちゃんと改善行う。

5.金型温度は安定すれば、製品成型の時間は短くになる。


yizeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4368.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加