超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

精密プラスチック金型パーツ標準化の簡介

2017-12-08 09:52:47 | 精密プラスチック金型パーツ
凡そ工業比較的発達した国では、標準化作業を非常に重視することができるので、工業にもたらす品質、利益と効率。精密プラスチック金型パーツは専用成形ツール製品は、個性の強いが、工業製品もので、標準化の仕事は非常に重要です。精密プラスチック金型パーツ標準化仕事は主に精密プラスチック金型パーツの技術基準の制定、執行、金型標準部品の生産と応用および関連標準の宣伝、貫徹と普及などの仕事。
中国の精密プラスチック金型パーツの標準化の仕事がスタートするのが遅いに加え、宣伝、貫徹と普及の仕事に力を入れて小さいので、精密プラスチック金型パーツ標準化が遅れ、生産、より遅れは世界の多くの先進工業国。国外の金型の先進国では、例えば日本、アメリカ、ドイツなど、精密プラスチック金型パーツ標準化には100年近い歴史、精密プラスチック金型パーツ基準の制定、精密プラスチック金型パーツの生産標準部品を供給して、すでに完全なシステムを形成した。


bokeshier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_442.html転载を说明してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 精密プレス金型標準を制定す... | トップ | 超精密製作金型部品精密加工... »

コメントを投稿

精密プラスチック金型パーツ」カテゴリの最新記事