超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

良い精密プラスチック金型部品の加工工場をすすめ

2018-06-25 09:42:16 | 精密プラスチック金型部品
多くの精密プラスチック金型部品加工のオーナーは、マーケットで必要なプラスチック型の部品を購入することができますが、市場のプラスチック型の部品の品質は制御できません。この場合社長はプロ精密プラスチック金型部品の加工工場を考えるはずです。一番良い精密プラスチック金型部品の加工工場はどこ?実は、「一番良い」この言い方は違いであって、最良ではありません。
市場の発展に従って、プラスチック部品加工の面で、私たちは市場の発展方向によって生産を調整しなければならない。中国プラスチック金型の部品プラス工業は、伝統的な産業において重要な役割を果たすべき。精密プラスチック金型部品のカスタマイズ市場は非常に激しいので、産業構造のアップグレードを絶えず推進しなければならない。この発展によって外国の先進レベルの精密プラスチック金型の部品加工産業の格差を消すことを目指します。
中国のプラスチック金型部品加工は金型の使用をもとにして、今はハイエンドのプラスチック型部品加工業界に目指して発展います。中国のプラスチック金型工業の発展につれて、将来の中国のプラスチック金型業界はハイエンド型の金型業界の重要な部分になる可能性があります。数十年あと、ハイエンド型加工を行っていないと、あまりにも遠くに発展することはできません。ですから、現在のプラスチック部品加工に対して技術を革新して、それに製品の品質、納期を重視させます。
宜澤は中国のプロ精密プラスチック金型部品の加工工場、プラスチックの部品加工に対して十五年の生産経験を持っています。もしあなたはまだどの加工工場を選ぶか迷っているならば、宜澤はあなたの最も良い選択です!

bokeliuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_557.html転载を说明してください
コメント

精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析する

2018-05-30 09:23:24 | 精密プラスチック金型部品
精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析する
市場競争が激しくの今は、製品の更新することがますます速くて、古い製品に淘汰され、新製品は必要になる。このような要求は精密金型部品製造の週期短縮できる。古い精密プラスチック金型部品加工方法は近代的な高効率の生産手段に取って代わられて、多くの友達にも精密プラスチック金型部品の使用寿命を注目している。金型製造プロセスは複雑で、製造周期が長いので、材料も高いので、金型部品の品質は高く要求される。
金型製造の加工生産は連続性があるので、金型部品の加工プロセスは一つでけでなく、大型金型の製造週期は長い、自動車生産の需要に間に合わない。
東莞宜澤金型有限公司は精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析して、高品質、長寿命の金型部品を生産するために努力している。宜澤は金型原材料に高い要求させて:強度、硬度と耐摩耗性は良い、また関连の熱加工技術と熱処理プロセスに以前より厳格な要求をさせて新しい高品質材料を生まれる。宜澤モールドは完璧なサービスシステムを提供し、発注してから7-10間の生産により納品を実現しでき、お客様に良い品質の製品を提供しております。

bokewuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_541.html転载を说明してください
コメント

宜澤精密プラスチック金型部品の製造加工処理

2018-05-23 08:51:32 | 精密プラスチック金型部品
宜澤精密プラスチック金型部品の製造加工処理:まず、精密プラスチック金型部品の量産対応、金型製作で培ったノウハウを量産に生かせるのが強みであることから難易度の高い精密プラスチック金型部品加工もお任せください。量産時の精密プラスチック金型部品トラブル、製品の形状及び仕様変更等にも迅速な対応が可能です。つまり安定した精密プラスチック金型部品の供給が可能ですので、お客様の煩わしさを解消させる自信があります。そして 、精密プラスチック金型部品の高精度化、精密プラスチック金型部品の高精度化も、PECの長年にわたる実経験に基づきご提案させていただきます。
以上が简単な宜澤精密プラスチック金型部品の製造加工処理方法だ


bokewuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_533.html転载を说明してください
コメント

精密プラスチック金型部品製造、宜澤選んでください

2018-05-22 09:18:34 | 精密プラスチック金型部品
精密プラスチック金型部品製造と言ってみんないくら知っていますか?制造業発展に連れて、金型加工メーカーはたくさんになり、比率もますます重くなります。長安を例にして、数年間の発展は今すでに東莞で一番重要な金型製都市。宜澤はその時代におかげで生まれ、精密プラスチック金型部品製造、タングステン鋼の部品加工、コネクタ金型加工、丸い件加工など十数年の加工経験を持っています。それに宜澤は30セット研削盤と45名の優秀な研削盤技術員がある、平磨の精度が0.001mm、研磨清角がR0.015できます。放電加工機の12セットは、主に日本から輸入されています。放電精度が0.005ミリメートルまでの精度をできる。まだ、放電清角がR0.015、放電平滑度がRa0.2できます。
我々が中国のモルード製造業の第一ブランドを追求しております。これらの目標を達成したいならば生産技術を保証して、納期、品質を確保しなければならない。私たちは精密プラスチック金型部品製造加工処理の工程厳しくに要求させて、全体のプロセスは専門の技術者を検査して、お客様に安心させます。
現場加工を高く要求するだけでなく、宜澤精密金型はアフターサービスシステムも完備しているとされています。3ヶ月内製品は品質問題がある場合、弊社は無料でお客様に補修や重工、運賃は当方担当します。宜澤モールドが高品質のアフターサービスを提供し、お客様はいつでも気軽にアフターサービスと連絡しできます。


bokewuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_532.html転载を说明してください
コメント

精密プラスチック金型部品品質の向上

2018-05-09 08:49:32 | 精密プラスチック金型部品
近年、総合国力の向上、経済発展に連れて工業発展にも利益を受けている。各関連企業必要する金型製品も増えて、需要量の上昇とともに、製品の品質も大切になる。精密プラスチック金型部品品質の向上を例にして、私達はどのように部品生産週期保証しながら精密プラスチック金型部品品質を向上することはとても重要で、品質は生産メーカーレベルと長期安定発展することができるかどうかの大前提。宜澤は数年金型製造の経験を持つメーカーとして、精密プラスチック金型部品製造のレベルは比較的成熟し、製品の測定にももっと厳しく、細心により。現在宜澤は専門の品質検査グループを設立して、品質チームのメンバーに対して一連の仕事の行為基準を制定し強化管理して、精密プラスチック金型部品品質の向上を促進する。宜澤金型使うの材料が全部日本大同、日本日立、スーイズAssab会社から購入し、国際真空熱処理二回焼き戻し技術、また超深冷処理により製品の酸アルカリに対する抵抗性が他の製品の3倍以上に達します。プロな生産技術で金型使用寿命及び精密金型部品品質を保証べき。もし適切な金型メーカーを選択するに悩んで、宜澤てみたら、新しい体験を提供させる!弊社は何時も高品質を維持し、納期厳守することをモットーとし、上質なサービス、品質で、業界でも有名な精密プラスチック金型企業住友、日本航空電子、JSTなどにご指導いただき、色々なお客様よりより良い評価を得る事が出来ました。弊社の製品が日本お客様のお役に立って、信頼される企業に成れることを目標に精進努力致しています。


bokewuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_522.html転载を说明してください
コメント