超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

中国ダイカスト精密プラスチック金型パーツ業界市場

2018-03-15 08:57:40 | 精密プラスチック金型パーツ
発展によって、ダイカスト精密プラスチック金型パーツ業界に比べて、コネクタの金型部品は世界生産総量の10%ぐらいを占める。ダイカスト精密プラスチック金型パーツ工場も、大きな発展のために品質及び精度などに対して研究して、コネクタ金型部品業界の発展ペースについても進んでいる。
現在、わが国輸出のダイカスト金型はヨーロッパ、北米、日本、韓国など集中し、一部企業の輸出金型量は生産総量の30%を占める。海外へ輸出する優良品質のダイカスト金型はますます増える。これらの金型の共通特徴は材料を厳格に選んて、優良な作り方、寸法の精度が高くて、お客様の要求標準に適合して、寿命と鋳物の品質は国際先進レベルに達する。
我が国のダイカスト金型は国内トップの顧客を吸引しではなく、多くの世界自動車業界大手の目を引引きつける。ヨーロッパへ輸出するダイカスト金型部品の価格優位性が高く、先進なデザイン、完璧な製作は外国の先進ダイカスト精密プラスチック金型パーツ業界を認めさせる。私たちはもっと努力し革新して、ダイカスト金型の品質を高めて、それに大型、精密、複雑な高技術で高性能金型部品を開発して、我が国のダイカスト精密プラスチック金型パーツ業界市場の発展のために。


bokesanyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_492.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型パーツ工場の現状

2018-03-07 08:39:18 | 精密プラスチック金型パーツ
全体に見ると、中国の精密プラスチック金型パーツ工場は品質、技術、能力など面で以前よりずっと進歩しているが、国民経済の発展にたいする需要を満足させない、世界での先進な技術を比べて格差も大きい。現在にとって、毎年ある大型、複雑、精密金型部品はまた輸入依存している。供給が需要に応じきれない場合部分低級なプラスチック金型部品は供給過剰で、市場競争は激しいだがら。
WTOを参加してから精密プラスチック金型パーツの供給商だけではなく、精密プラスチック金型パーツ工場に巨大な挑戦をもらって当時にチャンスを持ってきて、中国の精密金型部品の製作工場は中・低級の製品を主なにして価格はほかの国よりやすい。WTOを参加する前に高精密部品は全て輸入することを依存し、参加した後部品を輸入便利になるだけではなく、外資を導入できる。それから外国の先進な技術、管理経験は中国の専門金型技術者を育成するのに対して推進作用を果たすことができる。
近年から中国の精密プラスチック金型パーツ工場の生産レベルはだんだんよくになって。金型工場の設計及び加工レベルの高めるにつれて、金型製造業は技術を依拠することを変えて。これは生産方法を変えるでけではなく、全生産モデルは変える。このような変化は金型部品の精度を高めてもらう。


bokesanyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_488.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どのように精密プラスチック金型パーツの供給商と交流しますか?

2018-03-06 09:36:02 | 精密プラスチック金型パーツ
精密プラスチック金型パーツを購入する場合、多くの友達はどのように精密プラスチック金型パーツの供給商と交流することをあまり理解しない。ですから、今日は金型部品の仕入れ時にどうサプライヤーと交流して紹介します。
まずどんな精密プラスチック金型パーツが必要分かって、それがサプライヤーと交流して、標準の金型部品は現物供給、さあ、注文だけでいいのだろうか?答えは否。実際、注文する前に、いっぱい考え必要する問題がある。だから、金型部品購入する前に、精密プラスチック金型パーツの供給商と交流際に最も重要なのは下記の問題を討論する:
1.世界での有効性:グローバル市場で、世界のどこにも同じ替えパーツを見つけられることを確保する
2.製品の品質:サプライヤーの品質記録を追跡することができる
3.部品の互換性:購入した部品と金型内の他の部品の互換や金型に操作しやすいを確保する
4.製品技術サポート:サプライヤーが直接交流及びオンライン製品サポートを提供しているかどうか?
いまどのように精密プラスチック金型パーツの供給商と交流することが理解しますか?


bokesanyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_487.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型製作メーカーの部品加工はどのようにする

2017-12-14 09:11:32 | 精密プラスチック金型パーツ
精密プラスチック金型製作メーカーの部品加工はなに?東莞宜澤金型有限公司は一つ精密プラスチック金型製作メーカーとして、金型で部品を精密に加工すると必要。これから皆さんに精密プラスチック金型製作メーカーの部品加工を分析させる。通常の場合では、金型は上型及び下型から組成する。部品を加工する場合、鋼板を上型と下型の中に置いて、そして圧着機の圧力を利用して材料を成型になる。圧着した後金型形状と同じ部品はできた。電子用部品でも、自動車のダッシュボードでも金型で部品を成型べき。ステージは自動的に加工部品を元加工場所から別の加工場所を移動し、そして最後の加工場所で製品になりできる金型。
中国経済の発展はますます速いので、ある金型を使用する業界は精密プラスチック金型製作メーカーの部品加工に良好な発展の機会を提供させる。特に電子業界、自動車業界。
東莞宜澤金型有限公司は精密プラスチックス金型部品、精密コネクター金型部品、精密プレス金型部品、精密ワイヤーカット放電加工部品などを生産する。ご質問があったら、ご相談などお気軽にお問い合わせください。


bokeshier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4380.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超精密製作金型部品精密加工技術について

2017-12-08 09:59:33 | 精密プラスチック金型パーツ
今回、超精密製作金型部品精密加工技術について説明させる。超精密製作金型部品精密加工は高成型精度、表面精度などを保証する必要な加工方法だ。製品多様化なると品質の要求がますます高くなっていることに伴って、超精密製作金型部品精密加工メーカーにその前より高く、多めに要求を提出させる。超精密製作金型部品精密加工技術は現代最新の科学技術成果を含む復雑なシステム工学になった、それにいろいろな加工技術注意させる点、応用範囲、国内外で研究現状、将来発展方向などを紹介する。そして、中国超精密製作金型部品精密加工製造分野での問題、外国先進な技術の格差を分析して、超精密製作金型部品精密加工の発展趨勢を予測してから今後国内の研究方向、技術発展の対策を提出する。
超精密製作金型部品精密加工の発展は直接に先端技術と防衛産業の発展を影響するので、世界各国が極めて重視、近年急速に発展している。国内外超精密製作金型部品精密加工技術の主要な分野に最新の発展は下記通り:
精密と超精密機械の新しい発展、超精密切削メカニズムやダイヤモンド工具の研究、精密研削と鏡面研磨技術の新しい発展、非球面の精密加工技術の発展など技術の発展。
これらは超精密製作金型部品精密加工精度及び超精密製作金型部品精密加工技術を高めるために重要な役割をすること。


bokeshier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4375.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加