ジャーナリズムJournalism

マスコミが報道しない真実は。。

美智子さまの独身時代の婚活 テニスコートとダンスパーティー

2019-12-30 | 皇室

 美智子さまの独身時代の婚活 

テニスコートとダンスパーティー



ご婚約前、軽井沢のテニスコートで友人を交えて語り合う陛下と美智子さま('58年8月)
美智子さまと男性との「秘話」 陛下との結婚より前にボーイフレンド?

2017年4月13日 16時0分

ざっくり言うと

結婚前の美智子さまと男性との「秘話」について「女性自身」が報じた

「陛下とのご結婚より前に『ボーイフレンド』的な存在の男性がいた」と知人
男性が美智子さまを陛下に紹介したところ、奪われたような形になったという
美智子さまの“ボーイフレンド”が激白「陛下に大事な彼女を持って行かれた」

2017年4月13日 16時0分 週刊女性PRIME

ご婚約前、軽井沢のテニスコートで友人を交えて語り合う陛下と美智子さま('58年8月)
写真拡大 (全2枚)

「実はこの夏、両陛下が軽井沢で“運命の出会い”を果たされてから、ちょうど60年になります。両陛下とも、感慨深い気持ちをお持ちになるのではないでしょうか」

 この4月10日、ご成婚58年の記念日をお迎えになった天皇・皇后両陛下についてそう話すのは、ある皇室関係者。

 皇太子時代の天皇陛下と日清製粉を創業した正田家の令嬢・美智子さんが出会われたのは、'57年8月18日、長野県旧軽井沢のテニスコートだった。

 しかし、皇太子妃は皇族や華族から……という長年の慣習を破ったことは、皇室内や保守派から反発も。

 美智子さまが、長らくその“勢力”に悩んでいらしたことは知られている。結婚直前には実際、国会でこんな質問も飛び出した。

「皇太子殿下がテニスコートで見初めて、(お妃に)いいというようなことを言ったのなら、ここにおられる代議士さんの子どもと変わらない。これが、はたして民族の象徴と言いうるのか……」(自民党・平井義一衆議院議員)

 つまり、陛下と美智子さまは「恋愛結婚」なのかどうか。

 そうだとすれば、象徴としてふさわしくないのではないかという現在では考えられないやりとりがまじめに行われたのだ。

 一般でも「見合い結婚」が主流だった60年前、将来の天皇である皇太子が「恋愛」で結婚することには、かなりのインパクトがあったのだろう。

 美智子さまが学ばれた聖心女子大時代の同級生たちもお見合いが多かったようで、

「“恋愛結婚”だったのはミッチだけだった」

 と言われているそう。

美智子さまにあった別の男性との秘話

 そんな婚約までの陛下の「恋」と「熱意」がクローズアップされることは多いが、美智子さまと別の男性との“逸話”があったことはあまり知られていない。

「美智子さまには、陛下とのご結婚より前に“ボーイフレンド”的な存在の男性がいたようです。私の親戚筋から、“殿下(現在の陛下)に俺の大事な彼女を持っていかれた”というぼやきを聞かされたことがあります」

 
 Aさんは財界の実力者の長男で、高校まで学習院だったが大学は別の学校に進学。

 夏場は、軽井沢で過ごしてテニスをしていたので、陛下との交流も続き、美智子さまとの接点も生まれたようだ。

「陛下が美智子さまとお知り合いになる前から、付き合いはあったのだと思います。Aさんの言葉からは、“彼女”や“許嫁”というほどの深い仲ではなく、女友達のひとりという印象を受けました。陛下ももちろん、美智子さまがAさんと付き合いがあったことはご存じだったと思います」(安保さん)

 学習院時代に天皇陛下と同級で、『知られざる天皇明仁』の著書もある橋本明さんは、こう話す。

「美智子さまは当時『竹山パーティ』というダンスサークルに所属していて、軽井沢でもテニスを通じて多くの男性との交友もあったようです。のちに、美智子さまは作家の三島由紀夫と、見合いをしたという噂が出たこともあるくらいでした。

 だからAさんも、そんな集まりに出入りしていたら、美智子さまとの接点があっても不思議はないと思います」

 再来年の「ダイヤモンド婚」には、すでに「上皇」と「上皇后」の位に退かれることになりそうな陛下と美智子さま。

 Aさんとの思い出も含め、60年前の軽井沢のさまざまなドラマを、ゆっくりと振り返るのでは……。

詳しくはこちらへ
 https://news.livedoor.com/article/detail/12930544/



コメント   この記事についてブログを書く
« 雅子皇后陛下、お誕生日 お... | トップ | 天皇ご一家  チャリティー募... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室」カテゴリの最新記事