女子アナナビ

フジテレビ・TBS・日本テレビ・テレビ朝日・NHKほか人気の女子アナ情報・動画・画像・うわさ・ニュース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カトパン退社でフジテレビ、夏イベント「お台場みんなの夢大陸2016」での男性アナ推しにガッカリ

2016-05-31 11:09:21 | 「女子アナナビ」
フジテレビが7月16日より行う毎年夏恒例のイベント「お台場みんなの夢大陸2016」のPRを担当する、同局アナウンサーのPR隊メンバーが発表された。

 今年も昨年同様に渡辺和洋アナ、生田竜聖アナら、同局の9名の男性アナウンサーたちで結成された「オマツリ男アナ9人衆」がイベント開催期間中に和太鼓のパフォーマンスを行うことが明らかになったのだが、ネット民たちはこの報告にゲンナリ落胆。

 どうやら、フジの執拗な男性アナ推しにウンザリしているようで、「暑苦しい。どこに需要があるんだよ」「男は通常業務やらせとけ!」「せめて女子アナに太鼓を叩かせてよ…」「絶対に行かないっス」と、期待感ゼロの意見が多い。やはり、看板アナだった加藤綾子が退社してフリーになったことは大きい。

http://www.asagei.com/excerpt/59167
コメント

テレ朝、田中萌アナ、すっぴん公開

2016-05-24 01:23:56 | 「女子アナナビ」
化粧した顔とすっぴんが違うのは当たり前。しかし、ここまで違うと衝撃を受ける男たちもいるようだ。テレビ朝日の田中萌アナのことである。

 5月10日に放送された「中居正広のミになる図書館」にて、田中アナ、宇賀なつみアナ、大下容子アナらテレ朝の朝の顔3人に24時間密着するという企画が行われ、田中アナがすっぴんで出社するシーンが流されたのだが、これが薄く汚い眉毛に血色の悪い肌、そして小さくてしょんぼりした目とまるで別人のようのあり様なのだ。

「田中アナといえば、笑顔がかわいいキュートな女子アナとして知られていますが、すっぴんは田舎の疲れたおばさんといった感じでした。マスクなしで通勤するシーンが流れていましたが、あれなら誰も田中アナだとは気づかないでしょう(笑)。これをよく放送したなというのが率直な感想です」

“萌え系アナ”と呼ばれる田中アナには、ピュアなファンが多いこともあり悲鳴にも似た声が聞こえてくる。たとえば「実は別人の映像でしたとかそんな落ちなんだよな?」「詐欺師に騙された気分」「放送事故レベル」「メイク取ると目ってあんなに小さくなるもんなの?」といった具合だ。

「素顔がひどいのに加えて、私服がダサすぎる点も付け加えておきたいですね。妙ちくりんなデザインのジャケットに、インナーはテロっとした地味な色のスウェットという組み合わせ。今どき地方の中学生でもしないような服でした。誰があれを選んだのか聞いてみたいものです」

 テレ朝のエース候補と目される田中アナ、今回の一件が黒歴史とならないことを祈るばかりです。

http://www.asagei.com/excerpt/58304
コメント

グラビア女子アナに「社会的責任がある仕事だと知って」

2016-05-17 11:13:34 | 「女子アナナビ」
フリーアナウンサーの吉川美代子が16日放送のTBS系バラエティー番組「直撃!コロシアム!!ズバッと!TV」に出演。女性アナウンサーのグラビア活動について、若手の女子アナらと激論を交わした。

 「吉川美代子VSフリー女子アナ50人!女だらけの禁断!激論バトル!」と題して展開した同番組でMCを務めるキャスターの辛坊治郎氏が「女子アナの水着グラビアありだと思うか」と直撃すると、50人中15人がありだと回答。

 グラビア活動を積極的に行っている、元日テレアナウンサーの脊山麻理子の写真集を吉川氏やフリーアナウンサーの雪野智世が検閲すると、かなり際どいショットの数々に「今後、元アナウンサーと名乗らない方がいい」、「これないよね。アンタやめなさい」という厳しい発言が飛び出した。

 それに対して、なぜアナウンサーは水着になってはいけないのかと問う脊山には雪野が「両方やろうなんていうのは虫がよすぎる」と答え、アナウンサーとグラビアアイドルは同時に出来る職種ではないことを強調した。

 最後に吉川は「アナウンサーって名乗った以上は自分の声、自分の言葉で人の命を助けることが出来るかもしれないかもしれない。そのくらい社会的責任がある仕事だとまず知ってほしい」と災害時などのアナウンサーの重要性を、身を乗り出しながら力説。熱すぎるアナウンサー論に会場からは拍手が起きた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/16/kiji/K20160516012601120.html
コメント

女子アナ界の異端児、日テレを退職の上田まりえ

2016-05-11 23:04:18 | 「女子アナナビ」
今年1月末に日本テレビを退職し、お笑いタレントらが多数所属する松竹芸能に移籍した女子アナウンサーの上田まりえ。本人自ら「バイトを決めてから日テレを退社した」と明かすなど、元局アナとは思えない突飛な言動とキャラクターでじわじわと注目と集めている。

 上田は4月から情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)と、ラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)レギュラー出演が相次いで決定。『5時に夢中!』では月曜日から木曜日までのアシスタントとして、メインMCのふかわりょうとともに肩を並べている。

 日本テレビ退社後も好調な活躍ぶりを見せる上田だが、そのキャラクターは局アナ時代よりも加速している。前述の『5時に夢中!』は生放送番組ということもあり、この1カ月間で早くも多くの名言ならぬ迷言を連発し、番組レギュラー陣や視聴者をざわつかせている。

 日テレ退職後に自身のTwitterを開始したという上田に対し、ふかわから日頃どのような内容を発信しているのか尋ねると「こういった番組(『5時に夢中!』)に出ているなど、くだらない日常を」と失言レベルの発言をポロリ。早々にふかわを激怒させるという失態をさらしてしまった。
コメント