女子アナナビ

フジテレビ・TBS・日本テレビ・テレビ朝日・NHKほか人気の女子アナ情報・動画・画像・うわさ・ニュース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フジテレビを退社し、フリーアナウンサーに転身を発表した加藤綾子アナ

2016-01-28 18:36:50 | 「女子アナナビ」
4月末までにフジテレビを退社しフリーアナウンサーに転身することを発表したカトパンこと加藤綾子アナウンサー(30才)。現在、フジテレビの社員として年収は1000万円を超えるくらいといわれているが、フリー転身後は年収1億円を軽く超えるとも言われている。しかし、カトパンの目的はお金ではないという。

「彼女の決断はお金じゃないですよ。30才を機会に生活を見直したい。公私ともに再スタートしたいという思いがあったようです」

 フジテレビ入社以来、『めざまし』担当を務めてきたカトパンは、深夜2時に出社し、お昼に退社という日々を送ってきた。

「平日夜に友達と飲みに行ったりデートするというのも難しい。夜中に家を出るときには、ノーメイクでラフな格好になりがち。テレビに出るときには用意された衣装ですから、流行のファッションなんかへの興味も失っていく。結婚、出産の適齢期も当然過ぎていきます。それに海外旅行に行く暇ももちろんありません。どんどん世界が狭まっていくことをすごく気にしていました」(カトパンの知人)

 そうして決めたフリー転身。今回カトパンが所属することになったのは、篠原涼子(42才)や谷原章介(43才)らが所属する芸能事務所だ。

「実はこのことが驚きでした。フジの女子アナはフリーになるとアナウンサー部門に強い専属事務所に所属する人がほとんど。特にカトパンは先輩のアヤパン(高島彩)にフリーになる相談をしていましたし、当然同じ事務所に行くかと…。でもフタをあけてみると選んだのはアヤパンとは違う道。アナウンサー部門のない芸能事務所でした。枠にとらわれずに、新しい仕事をしていきたいというカトパンの強い決意を感じましたね」

明石家さんま(60)が、フジテレビ退社を発表した加藤綾子アナウンサー(30)に「俺に謝れ!」とクレームをつけた。

 2人は27日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」で共演。番組冒頭、加藤アナがゲストを紹介して進行しようとしたとき、さんまが「その前に、お前は俺に謝れ」と加藤アナを止めた。

動画・画像

 「年末からSMAPと加藤のを抱えてろくでもない年越ししたんやから」と恨み節のさんまに、加藤アナは「すみませんでした」と笑顔で謝罪した。

 共演者たちは、さんまがSMAPの事務所独立や加藤アナのフジテレビ退社についての情報を事前に知っていたことに驚き。さんまは「どっちも言われてやなぁ。ほんで、いつ発表や、いつ発表や、って」と口外しないように秘密を抱えて苦しみながら発表されるのを待っていたという。しかし、ベッキーのことについては「ベッキーのは知らんわ!」と否定した。

 「フリー転身は以前から言われており、そのたびにフジテレビの亀山千広社長が否定するという事態になっていましたが、ついにこの日が来てしまいましたね。フジテレビのダメージはかなり大きいでしょう」(芸能プロ関係者)

 “カトパン”ことフジテレビの加藤綾子アナウンサー(30)がメーンキャスターを務める『めざましテレビ』(フジテレビ系)を今年度末で卒業し、4月末で同局を退社する。

 「しかし所属先は意外でしたね。カトパンは『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』に決まったんですが、篠原涼子さん(42)、鈴木杏樹さん(46)、谷原章介さん(43)、千秋さん(44)ら売れっ子が所属しているところです。しかし、アナウンサーをマネジメントするのは初めてのようです」(前出・芸能プロ関係者)

 この事務所に決まるまで、10社以上の芸能プロダクションがカトパン獲得に動いていたが、なぜ、『ジャパン・ミュージック』を選んだのだろう?

 「周囲には“信頼している人にお世話になることになりました”と、話しているようですが、以前から交流はあったようですね。また、女優や俳優タレントを多く扱っているプロダクションなので、ドラマや映画など、今後幅広い活躍を見込んでいるとも聞いています」

スマートサービス
http://smartservice.jp/
コメント