女子アナナビ

フジテレビ・TBS・日本テレビ・テレビ朝日・NHKほか人気の女子アナ情報・動画・画像・うわさ・ニュース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

古谷有美アナ(TBS)上智大学ではミスソフィア!

2013-05-24 22:25:58 | 「女子アナナビ」
日本テレビと並んで、人材難といえるのがTBSだ。他局に比べれば、女子アナ全体の層も薄く、有望な若手も少ない。そんななかで、TBSの救世主となり得るべき可能性を秘めているのが、古谷有美(ふるや・ゆうみ)アナ(25)だ。

 古谷アナは88年3月23日生まれ、北海道恵庭市出身。立命館慶祥高等学校を経て、上智大学外国語学部英語学科卒業の英才。

 大学在学中の08年にはミスソフィアコンテストで優勝した経験をもつ。それがきっかけになり、テレビ番組に出演したり、雑誌のグラビアを飾ったこともある。

 11年4月にTBSに入社。吉田朋世アナは同期にあたる。同年10月からテレビに出始め、夕方のニュース番組「Nスタ」(平日は午後4時53分~7時)に曜日限定で出演し、天気などを担当。今年4月からはサブキャスターに昇格し、月~金曜日まで担当している。

 現在は、その他に「女子アナの罰」(水曜日深夜1時28分~1時58分)に不定期で出演。TBSラジオの音楽番組「BLITZ POWER PUSH」(月~木曜日深夜0時55分~1時/金曜日午後11時55分~深夜0時)にレギュラー出演中。CS放送・TBSニュースバードの「ニュースバード1600」(平日午後4時~4時30分)では、金曜日を担当し、ニュースを読んでいる。

 昨年8月には、連続ドラマ「黒の女教師」(榮倉奈々主演)に、看護師役で出演し、女優デビューを果たしている。

 女子アナウォッチャーのA氏によると、「TBSではぶりっ子キャラの田中みな実アナがいますが、特殊な路線ですので、別枠的存在。正統な路線では、枡田絵理奈アナに続く存在として期待も高いです。枡田アナは現在、バラエティ寄りの路線ですから、古谷アナは報道で勝負するしかありません。現在、『Nスタ』のMCは加藤シルビアアナですが、その座を奪えるかどうかが、古谷アナの将来に懸かってくるでしょう」と語る。

 TBSの期待も大きい古谷アナの、さらなる飛躍を楽しみにしています。
コメント

フジテレビの癒し系・山崎夕貴アナ

2013-05-23 15:37:27 | 「女子アナナビ」
今、最も多忙なフジテレビの女子アナといえば、売れっ子ナンバー1の加藤綾子アナだが、それに匹敵するほど、画面に露出しているのが山崎夕貴アナ(25)だ。

 山崎アナは平日の帯番組を、なんと2本も担当。「めざましテレビ」(平日5時25分~8時)にエンタメ担当として登場しており、情報番組「ノンストップ」(平日午前9時55分~11時30分)ではMCを務めている。

 これだけでも、かなりのハードワークなのに、今年1月からは「ジェネレーション天国」(月曜日午後8時~8時54分)の司会も担当しており、寝る暇もないほどのスケジュールをこなしている。

 山崎アナは87年8月4日生まれ、岡山県倉敷市出身。岡山県立倉敷天城高等学校を経て、岡山大学経済学部を卒業。在京キー局の女子アナでは珍しい国立大出身。

 10年4月にフジテレビに入社。これまで、「BSフジNEWS」でニュースを読んだり、「FNNスーパーニュースWEEKEND」でナレーションを担当したことはあるが、報道番組にはほとんど縁がなく、入社当初からワイドショーへの出演が多かった。それは現在も変わらず、フジの情報番組には欠かせない存在となっている。

 ルックス的には秀でてカワイイわけではないが、親しみのもてる愛らしい顔と素朴なキャラクターが売りで、女性視聴者からの受けも上々。

 お高くとまることもなく、多忙な身ながら、仕事の打ち合わせにも熱心で、スタッフ間での信頼も厚いというのが、もっぱらの評判だ。

 女子アナウォッチャーのA氏によると、「ルックス重視傾向のフジにあって、山崎アナの台頭は奇跡的でもありますが、画面上からも伝わってくる癒し系なキャラが彼女の魅力です。このままのスタンスで仕事を続けてくれれば、加藤アナの域に達するのも夢ではなさそうです」と語る。

 超多忙な山崎アナ、身体に気を付けて頑張ってほしいものです。
コメント

フジテレビ加藤綾子アナが蒙古タンメン中本の行列に並ぶ

2013-05-23 15:35:03 | 「女子アナナビ」
果たして、見目麗しい女子アナの食生活はどうなっているのか。オリコンの「好きな女子アナ」ランキングでトップに輝くフジ・加藤綾子アナ(28)は、広尾の高級イタリアン「アッピア」でディナーを楽しむ姿が目撃されている。居合わせた客のひとりがいう。
 
「“あッ、カトパンだ!”と思ったら、隣に座っている女性を見てさらに驚きました。横にいたのは、アヤパン(高島彩アナ・34)だったんです。新旧女子アナ女王そろい踏みですから、さすがに目立っていました。お会計は、高島さんの旦那さん(北川悠仁)が払っていた」
 
 カトパンがハマっているのは、何もイタリアンだけではない。最近では高級寿司屋を巡っているという。
 
「『めざましテレビ』で一緒の軽部真一アナや『ノンストップ!』の山崎夕貴アナ(25)など、同じ時間帯に仕事をしている同僚を誘って、たまにひとりウン万円の寿司を食べるのがマイブームらしい。こないだは、ミシュランで星をとった銀座の『かねさか』に行ったようです。う~ん、ご一緒したい」(別のフジテレビ社員)
 
 カトパンの興味は、高級店だけでなく「B級グルメ」にも及ぶ。4月には、激辛ラーメンで有名な「蒙古タンメン中本」の行列に、三田友梨佳アナ(25)らと並ぶ姿が目撃されている。硬軟こなす仕事ぶり同様、舌のほうも守備範囲の広さが窺える。
コメント

TBS「女子アナの罰」 恥ずかしいシーン集めたDVDがバカ売れ

2013-05-23 15:34:28 | 「女子アナナビ」
『サンデージャポン』で、ソーセージをほおばりながら「太~い」「黒~い」と言ってのけた田中みな実アナ(26)しかり、汚れ役を厭わない風土がある同局だが、とうとう「女子アナが嫌がる姿」をネタにした番組まで作ってしまった。水曜深夜に放送中の『女子アナの罰』なる番組だ。

 女子アナたちが様々な企画やゲームを行ない、最も成績が悪かった女子アナは、とてつもない罰ゲームをやらされるハメになる。たとえば小林悠アナ(27)は、ちょびヒゲ、禿げかつらに金太郎のコスチュームという「アホの坂田」の格好で、赤坂サカスを練り歩くことに。

 居合わせた吉川美代子・解説委員には、“局アナは災害報道したり、毅然として報道しなきゃいけないんだから、プライドを持たなきゃダメ”と叱られるなどもうサンザン。番組の企画に乗せられただけなのに…。

 また『Nスタ』出演中の加藤シルビアアナ(27)は、出社時の私服のファッションチェックで最下位になるという辱めを受けた上、罰ゲームとしてバルーンドレスに金髪のウィッグを付けてレディーガガのコスプレをやらされる。

 そのうえ、サカスのTBSストアに入り、「加藤ガガビアのグッズありますか?」と店員に質問し、居合わせた子どもたちにおかしな人扱いまでされてしまった。

 「元気のないTBSですが、この番組は深夜にもかかわらず好調。罰ゲームでの女子アナの恥ずかしい姿を集めたDVDもバカ売れしています」(TBS社員)

 視聴率と会社の利益のためにどこまでも吸い取られる女子アナたち。誰もがうらやむ高給取りで、タレントや一流アスリートと浮き名を流せる…そんな華やかなイメージはすでに虚像となりつつある。
コメント

復活待望されるNHKのカワイイ系・一柳亜矢子アナ

2013-05-08 21:31:39 | 「女子アナナビ」
最近、その姿を画面で見なくなったという女子アナも少なくないが、復活が待ち望まれるのがNHKでは珍しい“カワイイ系”の一柳亜矢子アナ(32)だ。

 一柳アナといえば、08年4月から3年にわたって、「ニュースウォッチ9」(平日午後9時~10時)のスポーツコーナーを担当した人気女子アナ。現在、同コーナーを担当する美人アナの廣瀬智美アナの前任者だ。

 一柳アナは80年10月26日生まれ、埼玉県所沢市出身。私立十文字高等学校を経て、学習院女子大学国際文化交流学部を卒業したお嬢様。

 03年4月にNHKに入局。フリーとなった神田愛花アナ、西堀裕美アナ、橋本奈穂子アナらは同期にあたる。初任地は秋田放送局で、その後、宮城・仙台放送局に異動し、スポーツを担当することが多くなる。

 08年3月に東京アナウンス室に異動するとともに、同年4月から、青山祐子アナの後任として、「ニュースウォッチ9」のスポーツ担当に抜てきされる。NHKではなかなかいないアイドル系のルックスで、その人気は急上昇した。

 スポーツの経験を買われて、同年8月の北京五輪中継では、総合テレビで進行を務める大役も果たしている。

 11年4月2日で、「ニュースウォッチ9」を卒業後、教育テレビ(当時)「資格☆はばたく」の進行や、「小さな旅」の旅人を務めていたが、いずれも降板。

 同年12月にプロスポーツトレーナーの安福一貫さんと挙式。主婦業との両立の兼ね合いからか、出演機会は激減し、現在は「ゆうどきネットワーク」(平日午後5時10分~5時54分/午後5時57分~6時)でリポーターを、Eテレ「ハートネットTV」(月~木曜日午後8時~8時30分)でナレーションを担当している。

 女子アナウォッチャーのA氏によると、「NHKではなかなかいないタイプの女子アナでしたので、人気は高かったのですが、結婚とともに一気に露出が減って寂しい限りです。表舞台から消えて、もう2年ほどになりますし、そろそろ復活させてもいいのでは」と語る。

 局の方針もあるでしょうが、一柳アナの可能性を殺さず、もっと出演機会を与えてほしいものです。
コメント