書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Arthur Miller, "Death of a Salesman".

2018年10月03日 | 文学
 Arthur Miller, "Death of a Salesman".
 リー・J・コッブのローマンは観たことがない。ダスティン・ホフマン主演の映画(凄かった)が、この作品とのなれそめ。その後は"Death of a F***ing Salesman"ことDavid Mametの"Glengarry Glen Ross"を経て、この原作へとようやくたどり着いた。
 ミラーの自伝を読んで感じたのは、高い知力と、それから自分の実存の、徹底した客観化である。著者が若年からまったくそうであったのかどうかは私には判らない。しかしいまみずからが人生の暮方を迎えていると自覚した著者が、おのれの生涯を“整理”しきってしまおうとしている視線と作業とをそこに感じた。
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 巷でときに耳にする「使えな... | トップ | 関口時正 「ポーランド語文... »

文学」カテゴリの最新記事