書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

加藤繁 「道光咸豊中支那にて鋳造せられたる洋式銀貨に就いて」 「~の補遺」

2017年03月30日 | 東洋史
 和田清編『支那経済史考証』下(東洋文庫 1948年4月所収、同書450-458、459-462頁。

 驚いた。「こういうものがあった。質量はかくかく形状はしかじか」「いつどこで作られた」という内容で、ほぼ論がない。
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 増井経夫 「銀経発秘と洋銀... | トップ | 加藤繁 「漢代に於ける国家... »

東洋史」カテゴリの最新記事