書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「デマを容認するのかしないのか」という問いは、いかなる意味においての・・・

2018年10月02日 | 思考の断片
 「デマを容認するのかしないのか」という問いは、いかなる意味においての政治的色彩をおびているところの、あるいは本質はそれだがそうでないように擬態しているところの情況と、その企画者や実行者にとり、永遠の課題であり、外部からはその真価と真摯さの試金石であるだろう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 冒頭の大先生の総論にして導... | トップ | 巷でときに耳にする「使えな... »

思考の断片」カテゴリの最新記事