四季菜遊土 菜園倶楽部

週末の菜園、土いじり、採れたて野菜の料理レシピ等々、農と食と環境を考える

菜園日記:2月 第3日曜日 (2019年02月17日)

2019-02-17 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温10℃ 最低気温2℃

 2月第3日曜日の菜園。

 畑の梅の花が咲き始めたら、春野菜の種播きを開始する。

 

 5穴マルチを張った畝に、春大根(天宝)と、 

 

 ラデッシュ(レッドチャイム)を直播して、

 

 育苗トレーには、レタス(グレートレーク)とミニチンゲンサイ(シャオパオ)を播種

 
 
 発芽するまでは、ビニールトンネルを被せて保温してやる。

 節分(2月3日)に播いた、スナックエンドウも発芽を確認。

 

 来週は、別畝を立てて、ジャガイモを植えつける予定。

【畑の作業】

 2-C西 播種:ダイコン(天宝)
 2-C西 播種:ラディッシュ(レッドチャイム)
 2-C西 播種:カブ(すみれかぶ)
 2-C西 播種:コマツナ(浜美2号)
 トレー 播種:レタス(グレートレーク)
 トレー 播種:ミニチンゲンサイ(シャオパオ)


【今日の収穫】

 ハクサイ(王将)・根深ネギ(石倉一本)・プチベール
 ブロッコリ(緑嶺)・ニンジン(甘美人)・キャベツ(時なし甘藍) 

 

コメント (4)

菜園日記:2月 第2日曜日 (2019年02月10日)

2019-02-10 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温6℃ 最低気温0℃

 2月、3連休中日の菜園。

 

 昨日の東京は、強い寒気が流れ込み平野部でも2~3cmの積雪となった。
 今朝は、青空も広がり日中の温度も6℃と、昨日に比べれば若干
 寒さも和らいだ感はあるが、それでも北風は冷たい。

 日陰になている所は、まだ雪も薄っすらと残っている。

 

 2月といえば、そろそろジャガイモの植え付け準備を始める時期。
 今年は、ホームセンターで、シンシアと
 
 

 ノーザンルビー、シャドークィーンを購入

 

 120g以上の芋は、60g前後に切り分け、切り口がコルク化するまで
 日に当てて家のガレージで暫く乾燥させる。

  

 毎年、畑の梅の花が満開になるころに、一斉に植えつけているが、
 来週末あたりから、畝立ての準備も忙しくなりそうだ。


【畑の作業】

 1-D西 土作り:寒起こし(ホウレンソウ跡)
 2-D西 土作り:寒起こし(葱跡)
 ※ ジャガイモ購入 植え付け準備(シンシア)

 

【今日の収穫】

 ハクサイ(王将)・根深ネギ(石倉一本)
 ブロッコリ(緑嶺)・タアサイ・キャベツ(時なし甘藍) 

 

コメント (4)

菜園日記:2月第1 日曜日(節分)の菜園 (2019年2月3日)

2019-02-03 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温13℃ 最低気温3℃

 2月第1日曜日の菜園。

 
 
 今日(2月3日)は、節分。
 
 本来、「節分」は、季節の節目を表す「立春、立夏、立秋、立冬」の
 前日の事で、年に4回あるのだが、旧暦では新年が春から始まるため、
 立春前日の節分は、大晦日に相当する特別な日でもあったことから、
 「節分」といえば、この立春前日の日を指すようになったらしい。

 節分の豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事だったようだ。

 今日は、それに便乗して、邪気を払い五穀豊穣を願って、畑で豆まき。
 大豆はまだ少し早いので、春播きエンドウを3種類を
 ポットに播いて、発芽するまでビニールトンネルの中で育苗する。
 
 

 


 その後、春野菜用の畝作り。
 
 

  

 これから徐々に温かくなるにつれ、春夏野菜の種蒔きも忙しくなりそうだ。

 写真

【畑の作業】

 ポット緑  播種:エンドウ(スイートスナップ)
 ポット黒  播種:エンドウ(大さやえんどう)
 ポット黒  播種:エンドウ(あまうまスナックエンドウ)
 2-C東西  畝作り:春ダイコン/カブ/チンゲンサイ/小松菜用


【今日の収穫】
 
 ホウレンソウ(次郎丸)・根深葱(石倉一本太ねぎ)
 ブロコリ(緑嶺)・エシャロット・タアサイ

コメント (4)

菜園日記:1月 第4日曜日 (2019年01月27日)

2019-01-27 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温9℃ 最低気温-1℃

 

 1月、最終日曜日の菜園。
 東京の1月は、雨が降らず、月の全降水量も0.5ミリ足らずとの事。
 畑もカラカラ状態が続いている。

 採り残してあった大根を全て収穫して、

 

 跡畝は、寒起こしをする。

 

 収穫した大根は一度に全部は食べきれないので、畑の隅に60~70cm前後の穴を掘り

 葉を落とした大根を土嚢袋に入れて埋めておく。

 必要な時に、その都度掘り出すようにすれば、3月くらいまでは、保存できる。

 


 今週末は、関東の上空1500メートル付近に今シーズン一番の強い寒気が流れ込んでおり、
 厳しい寒さと、空気の乾燥で、インフルエンザも流行している。

 適度な運動とバランスのとれた食事を心がけ、健康管理に注意が必要だ。


【畑の作業

 2-C西 土作り:寒起こし(大根跡)
 3-A東 土作り:寒起こし(ザーサイ跡)

 

【今日の収穫】

 丸ダイコン(聖護院大根)・ダイコン(秋みね)
 チンゲンサイ(青帝)・ニンジン(甘美人)・根深ネギ(石倉一本)
 ブロッコリ(緑嶺)・タアサイ・ホウレンソウ(次郎丸) 

 

  

コメント (3)

菜園日記:1月第3日曜日の菜園 (2019年1月20日)

2019-01-20 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温16℃ 最低気温2℃

 1月第3日曜日の菜園。

 
 
 今日(20日)は、二十四節気の「大寒」
 暦の上では「一年で寒さが最も厳しくなるころ」とあり、
 「小寒」(1月6日)から翌月の「立春」(2月4日)の前日「節分」まで
 「寒の内」で、寒さの厳しい日が続くと言われている。
 寒中見舞いが出される期間も、この「寒の内」の間とされている。

 ただ、今年の大寒は、関東を中心に平年より気温が高く、
 場所によっては4月並みとなったところもあるようだ。
 畑の(午前3時)気温も14℃と、比較的温かい一日だった。
 
 


 寒ジメホウレンソウ(次郎丸)を収穫し、

 


 採り遅れていたザーサイ(搾菜)を全て収穫。

 

 

 自宅に持ち帰って、
 「桃屋の搾菜」に負けない「搾菜漬け」を作る予定。

 


 

【畑の作業】

 3-A 寒お越し(ザーサイ跡)


【今日の収穫】
 
 ホウレンソウ(次郎丸)・ザーサイ
 根深葱(石倉一本太ねぎ)・ブロコリ(緑嶺)
 ニンジン(甘美人)・タアサイ

コメント (9)