囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

ひかる手筋の巻

2018-06-12 19:35:33 | 棋書

 

 

こんばんは

縄文人です

研究熱心なお友達が

「縄文人さんよい本を見つけました!」

と教えてくれたのが

なるほど!ひかる手筋

 

大橋拓文先生が週間碁で連載された人気シリーズとのこと

第一問目 黒番

 

切り込みからいきます

 

結果、二段コウ

Aまで取れれば大戦果

 

確かに手筋が決まった快感がありますねえ

うん、ひかってる^^

 

毎日一問って感じで並べてみますかねえ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 形勢判断がカギの巻 | トップ | 勉強法を整理しましたの巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

棋書」カテゴリの最新記事