囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

豆腐の角先生との出会い

2018-04-07 13:24:58 | 囲碁

 

 

 

豆腐の角先生は関西を拠点に活動しておられますが

1年半前、先生が福岡の囲碁事情を視察に来られました

その時、ご縁があってお会いでき指導碁をしていただけました


「私に九子局で勝ったらどこでも通用する初段です! 」

 

で、縄文人、チャレンジしました^^

 

2016年11月5日


棋譜再生

 


 結果 2目勝でした!(^^)!










 

                                    お豆腐共食いの図^^

 

ご指導の後、楽しく会食させていただきました

お若いのに老成されていてお人柄が大変よいと感じました

そして福岡の県代表クラスの方との対局を目の当たりに

勝利され強さも半端ね~~~~~

 

縄文人を生徒にしていただきました

 

豆腐先生は囲碁の感覚的な所を理論的に分かりやすく説明することができる稀有な才能をお持ちです

もちろん技術的なお話もありますがメンタル面でのご指導がかなりあります

 

縄文人は、自称「スヌーピー流」

めっちゃ、弱気ですぐひるむのでいつも励ましていただいています

 

 

囲碁はメンタルすごく大事ですね^^

 

 

 

豆腐の角先生 ホームページ

 

豆腐の角先生 ブログ

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ツケノビ太君定石、大丈夫? | トップ | 間の取り方についての巻 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事