囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

弱い石にもっと厳しく迫りたいの巻

2018-06-11 13:15:26 | 対局

 

こんにちは

縄文人です

黒番 3.5目負けでした

ヨセで2目損しました

時間があったのでしっかり手順を考えるべきでした

 

それにしても負けでした

白さんの弱い石をもっとうまく攻めて

利益をあげなければだめです

縄文人は中央の石にも地をプレゼントしてしまう気前のよさ?

 


棋譜再生

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルスベリ失敗の巻 | トップ | 形勢判断がカギの巻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (木原です)
2018-06-12 12:43:21
27ではM-5とボウシしたいです。
61・67ではH-10に打ちたいです。
上辺を打つなら、67でなくK-16のカタツキで、
モタレ攻めの気分で打ちたいです。
木原様へ (縄文人)
2018-06-13 22:44:37
下辺の白が弱いのでそれをいかに攻めるかですね
御指導ありがとうございます
http://gokifu.net/t2.php?s=4001528897366350

コメントを投稿

対局」カテゴリの最新記事