囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

厚みを囲ってしまったの巻

2019-01-12 07:15:43 | 対局

 

おはようございます

縄文人です

 

黒番 投了


棋譜再生

 

左辺が大きくなりすぎましたねえ

消しに回るべきでした

縄文人は厚みを囲ってしまいこれはやはり左程大きくなりません

棋理は分かっていても実戦で身体は違うことをしてしまいます

身についてないと言えばそれまでだけど・・・

 

大きさ比べに弱いんだんあ

多分

建築士なのに面積に疎いなんて!

 

まあ間を取って盤面全体を見渡してみて感じるしかないと思う

感覚を働かせるっことですね

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« N様と4子局の巻 | トップ | レッスンノート覚書①の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

対局」カテゴリの最新記事